【保存版】縮毛矯正をかける男性、女性におすすめの髪の長さとは?長さで料金は変わるのか?

「髪の長さが短いと縮毛矯正できない?」「天然パーマや癖毛でも縮毛矯正できる?」

などと疑問をお持ちの方は多いでしょう。そのような方は縮毛矯正に必要な髪の長さを把握しておくことが大切です。

本記事では縮毛矯正をかけるのに必要な最低限の髪の長さや量を紹介します。

また、「短髪・ショート・ボブ」「ミディアム・セミロング・ロング」の長さ別に縮毛矯正をかける際の注意点などを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

縮毛矯正をかけるのに必要な髪の毛の長さや量はどのくらい?男女・髪型別の注意点

縮毛矯正をかけるにはある程度の長さが必要です。
なぜなら、縮毛矯正はヘアアイロンを使用して施術を行うから。

縮毛矯正はヘアアイロンを使って高温加熱するので、アイロン幅を満たさない髪の長さであれば、施術できない可能性もあるのです。

また、逆に長すぎる場合にも縮毛矯正がかけられないこともあります。以下の髪の長さ別に縮毛矯正をかける際の注意点を紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 短髪・ショート・ボブ
  • ミディアム・セミロング・ロング

メンズも必見!短髪・ショート・ボブが縮毛矯正をかけるときの注意点

短髪・ショート・ボブなどの髪が短い人が縮毛矯正をかける際には、不自然な仕上がりになってしまうこともあるので、注意が必要です。

特に以下のようなポイントを意識して縮毛矯正をかけないと、違和感が生まれてしまいます。

・毛先のタッチ
・頭部のボリューム
・外ハネ

上記の雰囲気が少しでも変わると、「自分には合わないな」と感じてしまうことも。

短い髪の場合には縮毛矯正をかけると違和感が生まれて、思い通りのスタイルに仕上がらないことがあります。
髪が短く、自然な仕上がりを求める方はストレートパーマを検討してみてはいかがでしょうか?ストレートパーマなら根元からまっすぐにすることが可能なので、見た目が自然になりますよ。

ミディアム・セミロング・ロングが縮毛矯正をかけるときの注意点

ミディアム・セミロング・ロングの方が縮毛矯正をかける際には、毛先のタッチで見え方が大きく変わるので、注意が必要です。

また、痛みすぎた髪には縮毛矯正が効かないこともあるので、注意が必要。

日々のアイロンなどでダメージを大きく受けている場合には美容院から縮毛矯正を拒否されることもあります。

襟足や前髪はどのくらいの長さが必要なのか?

縮毛矯正に使われるアイロンの幅は美容院によっても異なるため、一概に「このくらいの長さ」と伝えることはできません。

ただし、アイロン幅の平均が2cm程度なので、最低でも3cmほどの長さがあれば縮毛矯正をかけることは可能でしょう。

ただし、3cmの髪に縮毛矯正をかけるのは相当難しいです。美容院の高い技術が必要になるので、断られてしまう可能性があります。

どのくらいの長さがおすすめ?天然パーマやくせ毛が縮毛矯正かけるときは変わる?

縮毛矯正をかけるなら5cm以上の長さを推奨します。
このくらいの長さがあれば、そこまで技術が高くない美容院でも問題なく縮毛矯正できるからです。

また、天然パーマやくせ毛の人が縮毛矯正をかけるときも5cmほどの長さがあれば問題ないです。縮毛矯正は天然パーマやくせ毛でも同じようにかけられるので、大丈夫です。

ただし、痛みすぎている髪の場合には縮毛矯正がかけられないこともあるので、髪のダメージには注意しましょう。

縮毛矯正は髪の長さで値段が変わる?ロング料金はどのくらいから?

縮毛矯正の料金は地域・美容院によっても大きく異なります。そのため、一概にこの料金だとはいえません。

縮毛矯正の料金は基本、女性も男性も同じ料金のところが多いです。

基本的には長さで料金が変わるものではありません。ただし、中には髪が短い男性や、ショートの女性などの場合に限って、

・縮毛矯正の範囲が少ないから
・髪が短いから

といった理由で縮毛矯正が安くなる可能性もあります。

また、ロング料金をとる美容院もあり、ロングの女性は通常の縮毛矯正よりも値段が高くなることはあります。

縮毛矯正の価格相場は2020年7月の都市別小売価格での調査によると、東京都区内平均9293円となっており、その他名古屋・大阪などの都市と比較して多少高い水準を保っています。

・札幌:8011円
・大阪:8376円
・名古屋:7733円
・福岡:8244円
・東京都区内:9293円

美容室を選ぶときは、平均価格も参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました