【保存版】時間はどれくらいかかる?縮毛矯正の工程を調べてみた

初めて縮毛矯正をするという方は特に、工程や所要時間が気になりますよね。今回は、縮毛矯正はどのように施術が進んで行くのか、どれくらい時間がかかるのかを調査しました。

何時間かかる?美容院での縮毛矯正の工程を調査

縮毛矯正は、髪の毛の長さや量にもよりますが3時間前後かかることが多いようです。カットやトリートメントなども合わせて行う場合には、4時間近くかかることも。縮毛矯正をする予定の日はなるべく午前中に予約を入れて、午後も予定を入れないようにしているという方もいました。

縮毛矯正の工程は主に4つ

①    カウンセリングをしっかり行った後、一度シャンプーをして濡れている状態や乾いている状態のクセを確認します。

②    髪の毛の結合を切る1液を塗布します。塗布した後は15分程度時間を置き、しっかりと髪の毛の結合が切れたことを確認してから洗い流します。

③    髪の毛をドライヤーで完全に乾かした後、ストレートアイロンでまっすぐにしていきます。縮毛矯正で最も時間がかかるのは、この工程です。

④    まっすぐになった状態で2液を塗布し、髪の毛の結合をつなぎます。しばらく置いた後2液を洗い流し、完全に乾かして終了です。カットをする場合は、この後行います。

アイロンを使うかどうかに違いが!ストパーと縮毛矯正の工程を解説

では、ストパーと縮毛矯正では工程に違いはあるのでしょうか?

縮毛矯正は1液と2液のあいだにアイロンで髪の毛をまっすぐにするのに対し、ストパーは1液を塗布した後流してすぐに2液をつけます。これによりストパーは自然な仕上がりになり、強いクセだと少し残ってしまうことも。その点、縮毛矯正はストパーに比べてストレートのもちが良く、強いクセでもまっすぐな髪に仕上げることができます。

クセが少ない方やなるべくナチュラルに仕上げたい方はストパー頑固なクセやうねりがある方は縮毛矯正を選ぶといいかもしれませんね。

髪が傷まないと言われるTOKIO de SINKA縮毛矯正の工程とは?

毛髪強度を140%も修復できるTOKIOトリートメントの効果と縮毛矯正を同時に行うことができるのが、TOKIO de SINKAの特徴。インカラミという髪の毛に栄養を入れ、出てこないようにする特許申請技術によって縮毛矯正後にありがちなパサパサ感を抑えて、なめらかな髪の毛に仕上げます。

工程は通常の縮毛矯正と同じですが、TOKIO de SINKA は1液と一緒にトリートメント成分がキューティクルのあいだから浸透することで、髪の毛を補修してくれるという違いがあります。

髪の毛が細い方はハリのあるしなやかな髪に、髪の毛の太い方はさらさらの柔らかい髪に仕上がるのだとか。髪の毛のダメージが気になる方は、ぜひTOKIO de SINKAの縮毛矯正も検討してみてくださいね。

TOKIOについてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました