[完全保存版]縮毛矯正を受けるなら頻度は?ボブやセミロングなど長さ別の目安を紹介!

髪の毛がストレートになる縮毛矯正。

でも、それってどのくらい持つの?

定期的に受けなきゃいけないって聞くけど、
一度でストレートになるんじゃないの?

どのくらいの頻度で受けなきゃいけないの?

そんな疑問を今回は解消していきましょう!
今回は縮毛矯正を受ける頻度をテーマに解説していきます。

縮毛矯正とは

縮毛矯正とは、縮れたくせ毛や天然パーマを直毛にする技術
うねってしまったり、ボリューミーなヘアを落ち着かせるために
多くのくせ毛の方が縮毛矯正の施術を受けています。

縮毛矯正の仕組みや種類をもっと知りたい方はこちら!
[保存版]「縮毛矯正」の種類・薬剤をくせ毛の悩み別に徹底解説!最近流行りの髪質改善との違いもご紹介!

縮毛矯正とストレートパーマの違い

ストレートパーマも、髪のクセをとってくれる施術。
どちらも髪内部のタンパク質の結び付きを整えてくれます。

しかし、ストレートパーマとは元々パーマのかかったヘアーを
元に戻すためのものであり、くせ毛の方用ではありません

また、縮毛矯正とストレートパーマの違いはその施術の流れにあります。
ストレートパーマは、薬剤のみを用いてストレートヘアにしますが、
縮毛矯正は薬剤を塗布する合間にストレートアイロンを用います。

また、ストレートパーマのもちは2~3ヶ月ほど、
縮毛矯正は半永久的に効果が持続するので、
くせ毛の方は縮毛矯正をかけるようにしましょう!

他にも、縮毛矯正とストレートパーマの違いを詳しく解説しています。
[完全保存版]知らなきゃ損!縮毛矯正とストレートパーマの違いとは?長持ちさせる秘訣まで!

縮毛矯正の頻度はどのくらい?

縮毛矯正は、1剤で髪の内部の結合を解き、
ヘアアイロンでその配列を整えたら2剤で固定させます。

このようにストレートにクセ付けされた髪の毛は
概ね「半永久的」にそのクセが取れることはありません

(ただ、薬剤・ストレートアイロンの温度設定などによってキープ力も変わり
取れてしまう場合もあります。)

しかし、新しく生えてきた髪の毛はくせ毛のまま・・・

これは、頭皮の毛穴の形が歪んでしまっていて
そこから生えてくるので、髪の毛が癖づいてしまっているから。

つまり、遺伝などによってくせ毛が生えてきてしまう方は
「くせ毛を完全になくす」ことはできない
んです。

しかし、新しく生えてきてしまったくせ毛が目立つようになってきたら
定期的に縮毛矯正をかけることでストレートにすることができます!!

ただ、どの程度の頻度で縮毛矯正をかけなおせば良いのか
迷っている方は結構居るようです。

今回は悩みがちの縮毛矯正の「頻度」を解説していきましょう!

縮毛矯正を定期的にかける際の注意点

縮毛矯正の頻度を解説する前に、
二つだけ注意点をご紹介しましょう。

縮毛矯正の最適な頻度には個人差がある

今回、縮毛矯正をかけるための目安の頻度をご紹介します。
しかし、最適な頻度はそれぞれの髪質ごとに異なります

細い・太い・柔らかい・クセの強さ・吸水性・・・
色々な要素が折り重なって判断できる「髪質」

そのため、最適な頻度には個人差が生じてしまいます

自分に適切な頻度を探るのに一番なのは
美容師さんにアドバイスをもらう」と言うこと。

実際に施術を受けるカウンセリングの際、仕上げの際に
美容師さんに最適な頻度を聞いてみましょう。

クセの強さ、縮毛矯正の強さに合わせて
どの頻度が最適なのか教えてもらうことができますよ。

全頭にかけるのは避けた方が良い

縮毛矯正は、美容室の中でもブリーチと並んで
髪の毛への負担が大きい施術の一つ・・・。

そのため繰り返しかけると髪の毛の
ダメージもどんどん蓄積してしまいます。

特に縮毛矯正は、髪の毛が最大にダメージした状態である
ビビリ毛」(チリチリになってしまった毛)になりやすい施術・・・。

一度痛んでしまった髪の毛は「死滅細胞」であるため
元に治すことはできません

そのため、いかに髪の毛をダメージさせないかが大事になってきます。

縮毛矯正は一度でも大きいダメージを受ける施術。
定期的に受ける場合は「リタッチ」の施術を受けるようにしましょう。

リタッチとは新たに伸びてきた髪の「根元」部分を、すでに施術した部分に
揃えて施術をするという方法。

これなら、一度施術を受けた部分は避けることができます
それに元々縮毛矯正の効果は「半永久的」なので
既に施術を受けた部分は再度受ける必要はありませんよね。

リタッチの施術を詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!
[完全保存版]縮毛矯正はリタッチが絶対!値段や失敗しない方法まで!メニューにリタッチがない場合の対処法も。

いきつけの美容室を作る!

リタッチの施術で縮毛矯正を受ける際には
いきつけの美容室・信頼できる美容師さんを見つけるのが重要

これは、リタッチの際に的確にクセを伸ばすことができなければ
前回部分にクセが残ってしまったり、境目にクセが残ってしまうから。

リタッチを行う際は、美容師さんが髪の状態をしっかりと見極めて
薬剤を塗ることができれば境目にクセが残ってしまうなんてことはありません。

しかし、前回と違う美容院で縮毛矯正を行うと、以前の施術の把握が曖昧になり、
境目ができるリスクは高くなってしまいます。

そのため、「かかりつけの美容室」を作ることが重要です。
そうすれば、美容師さんはあなたの髪の状態を把握できるため、失敗のリスクが減るんです。

【髪の長さ別】縮毛矯正のおすすめ頻度は?

お待たせしました。
それでは本題に入っていきましょう。

今回は、髪の毛の長さ別に
最適な縮毛矯正の頻度の目安をご紹介します。

ショート・ボブ・ミディアムヘアの頻度


ショートへアの方が縮毛矯正を受ける頻度は
2~3ヶ月に一度が目安です。

1ヶ月の幅があるのは、髪の長さによるもの。

ショートの中でもベリーショートの方は2ヶ月
ボブなどミディアムよりの方は3ヶ月ほど。

髪の毛が短いほどこのスパンが短くなるのは、
くせ毛の比率が高くなるスパンが短いから。

くせ毛が伸びて比率が高くなると、
クセが目立つようになってしまうんですね。

また、基本的に髪の毛のダメージ等を考えると
3ヶ月に一度の方が最適です。

我慢できるなら3ヶ月に一度程度が良いですね。

セミロング・ロングヘアの頻度


髪の毛が長い場合は、髪の重さでクセが伸びます。

また、くせ毛の比率も高くなりにくいため
半年に一度程度が目安だと言われています。

短くても4ヶ月くらいが良いでしょう。

また、クセは髪の重さで伸びてくれるため、
切るときは軽くしすぎないことがポイントですよ。

メンズの頻度


男性は髪の短い方が多いですよね。
そのため、くせ毛の比率が高くなるスパンも短くなります。

そのため、男性の縮毛矯正をかける頻度の目安としては
2ヶ月ほどが最適だと言われています。

ただ、もっと短くて1ヶ月半なんて方もいるようです。

男性の縮毛矯正なら、こちらの記事をどうぞ!
[男性必見!]メンズ縮毛矯正で絶対に失敗しないようにするには?施術前に知っておくべきポイントも!

前髪のみの頻度


顔まわり、前髪だけに縮毛矯正をかける
部分縮毛を行う方も沢山います。

前髪は必然的に短くなってしまいますし、
クセが気になりやすくなる部分。

ただ、前髪に縮毛矯正をかける頻度としては
最低3ヶ月はあけた方が良いでしょう。

顔まわりの髪の毛は細いので、ダメージしやすいんです。

ただ、2ヶ月経った時点で根元に「S字」のクセが出ている場合は、
2ヶ月に一度の頻度でかけてあげるのが最適
です。

細かくて強いS字のクセは、放っておくとすごいことになってしまいます。

前髪の部分縮毛を考えている方は、こちらの記事をどうぞ!
[完全保存版]男性にもオススメ、前髪だけの縮毛矯正が最強!不自然にならないようにするには?

縮毛矯正を長持ちさせるためには

先ほど、縮毛矯正の効果は「半永久的」と説明しました。

しかし、アフターケアを怠ってしまうと
せっかくストレートにした髪がうねったりパサついたりする可能性
が!

一度縮毛矯正をかけたところにもう一度施術してもらうのは、
リスクが高いんでしたよね。。

次の施術がリタッチだけで済むように、きちんと
縮毛矯正後のアフターケアに気を使うようにしましょう

具体的には、以下の点に気をつけるのが良いでしょう!

1.縮毛矯正をかけた当日は、シャンプーをしない!
2.シャンプーの際は刺激に気を付ける!
3.ドライヤーできちんと乾かす。
4.数日間は髪を結ばない
5.くせ毛用商品は使用しない
6.月に一度、美容室でのトリートメント

長持ちさせる方法を詳しく知りたい方はこちら!
[必見!]縮毛矯正を長持ちさせる6つの方法をご紹介!シャンプーやトリートメントが重要?

まとめ:縮毛矯正の頻度は個人差が大きい!

いかがでしたか?
縮毛矯正の頻度は人それぞれなので、一概に言えないようです。

そのため、一番は信頼できる美容師さんを見つけて
その美容師さんに自分に最適な頻度を教えてもらうこと。

美容師さんを見つけるには、
まずは「縮毛矯正の施術を多く行っている美容室を探す」のがオススメ。

その美容室で縮毛矯正を得意としている美容師さんを探し、
口コミやブログをチェックして見つけるのが良いでしょう!

また、縮毛矯正を定期的に行う場合は
全頭にかけるのは髪の毛へのダメージを考えるとオススメできないので
根元部分だけ行うリタッチの施術を受けるのが良いでしょう!

頻度や髪へのダメージに気を使いつつ
縮毛矯正でサラサラストレートヘアを手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました