[完全保存版]男性にもオススメ、前髪だけの縮毛矯正が最強!不自然にならないようにするには?

縮毛矯正

前髪のクセが気になる!
毎朝のセットが大変、、、

そんな方にオススメなのが
「縮毛矯正を前髪だけ受ける」という方法!

今回はそんな前髪縮毛矯正をご紹介します。

縮毛矯正とは

縮毛矯正とは、縮れたくせ毛や天然パーマを直毛にする技術
うねってしまったり、ボリューミーなヘアを落ち着かせるために
多くのくせ毛の方が縮毛矯正の施術を受けています。

縮毛矯正の仕組みや種類をもっと知りたい方はこちら!
[保存版]「縮毛矯正」の種類・薬剤をくせ毛の悩み別に徹底解説!最近流行りの髪質改善との違いもご紹介!

縮毛矯正とストレートパーマの違い

ストレートパーマも、髪のクセをとってくれる施術。
どちらも髪内部のタンパク質の結び付きを整えてくれます。

しかし、ストレートパーマとは元々パーマのかかったヘアーを
元に戻すためのものであり、くせ毛の方用ではありません

また、縮毛矯正とストレートパーマの違いはその施術の流れにあります。
ストレートパーマは、薬剤のみを用いてストレートヘアにしますが、
縮毛矯正は薬剤を塗布する合間にストレートアイロンを用います。

また、ストレートパーマのもちは2~3ヶ月ほど、
縮毛矯正は半永久的に効果が持続するので、
くせ毛の方は縮毛矯正をかけるようにしましょう!

他にも、縮毛矯正とストレートパーマの違いを詳しく解説しています。
[完全保存版]知らなきゃ損!縮毛矯正とストレートパーマの違いとは?長持ちさせる秘訣まで!

前髪だけの縮毛矯正ってアリ?

髪の毛をストレートにする縮毛矯正。
それを前髪だけにかける方法があるんです!

美容室の中でも、髪への負担が大きい縮毛矯正。

前髪のみなど部分的に集中させることで、
髪が受けるダメージがグッと軽減されるのがメリットです!

前髪の縮毛矯正がオススメの人

前髪だけ縮毛矯正をするのにオススメなのは、
以下のような方です。

  • 前髪だけ、クセが気になるひと
    髪全体はあまりうねらず、ボリュームも気にならない。
    だけど、前髪だけクセが出やすい!セットしてもすぐに戻ってしまう!
    元々、前髪など顔まわりの髪の毛はクセが出やすいんですよね・・・。
    そんな方には前髪だけの縮毛矯正がオススメです。
  • 髪全体のダメージが気になる人
    過去のブリーチ・パーマ・または縮毛矯正によるダメージで
    髪の毛が全体的に傷んでいると、全頭に縮毛矯正をかけるのは厳しい、、
    ただ、前髪は定期的にカットするのでダメージしていないという方にもオススメ。
    これは、本来全体に縮毛矯正をかけたいけど、止むを得ずかけられないパターンですね。
  • 忙しくて、施術にあまり時間をかけられない人
    最後は仕事や子育てなど、日々忙しい方。
    自分の時間がなかなか取れなくて、髪のクセは気になるものの、
    施術に時間が取られる縮毛矯正は難しいなんて考えている方にも!

前髪を縮毛矯正する時の値段や時間は?

先ほど、前髪だけの縮毛矯正は忙しい方にもオススメと紹介しましたが、
実際値段や時間は全体にかけるのとどのくらい違いがあるのでしょうか?

前髪縮毛矯正にかかる値段


縮毛矯正の価格は、美容室の中でも高いですよね。
前髪のみの施術に絞れば、その金額も抑えることができます。

全体にかける場合の相場は大体15,000円です。
対して前髪のみの場合は5,000円あたりが相場と言われています。

美容室やその他メニューとの組み合わせで値段も変わりますが、
比べてみるとその値段の差は歴然ですよね!

前髪縮毛矯正にかかる時間


縮毛矯正の流れは、

①軽くシャンプー
②一剤液をつけて10分〜15分程度適度放置
③美容師が髪の状態をチェック(状態によってはもう数分放置)
④液剤を洗い流すためシャンプー台へ
⑤ブローで完全に乾かす
⑥アイロンを使ってストレートに伸ばす
⑦2剤をつける
⑧そのまま5分〜15分放置
⑨美容師が髪の状態をチェック(場合によって数分放置)
⑩液剤を洗い流す(トリートメントなどをつける)
⑪乾かしてカットの場合はカットを行う

というように様々な工程が必要になってきます。

全体的に縮毛矯正をかけるためにかかる時間は、
縮毛矯正のみの場合は約2時間半
カットを含む場合は3時間以上かかります。

しかし、前髪だけにかける場合は
縮毛矯正のみの場合は1時間ほど
カットを含む場合は2時間あれば十分というように、
時間をずっと短くすることができるんです!

ただ、あくまでここでご紹介したのは目安のお時間。
髪質やクセの強さによってはかかる時間が変わってくるため
余裕のあるスケジューリングをしてください。

値段・時間比較表

 

  

  

 

 

  

  

 

 

  

  

 

 

  

  

 

全体にかける場合 前髪のみの場合
値段 15,000円ほど 5,000円ほど
時間
(縮毛矯正のみ)
2時間半程度 1時間程度
時間
(カットを含む)
3時間以上 2時間以内

前髪を縮毛矯正する時の頻度は?

縮毛矯正がどのくらい持つのか、というのは人それぞれの髪質・クセの強さ・
髪のダメージ度合いによっても大きく変わってきます。

しかし、前髪は他の部分より短く持ちもあまり長いとは言えません。
また、顔まわりのクセは目につきやすく、気になってしまうことも多いでしょう。

基本的には2・3ヶ月の頻度でかけてあげるのが目安です。

しかし、気になるからと頻繁に通いすぎると髪や頭皮がダメージを受けすぎてしまいます。
そのため、「クセが出て手入れがしにくくなった」と感じるようになったら通う
などの目安を付けるのが無難です。

前髪縮毛矯正は男性にも!

最近では男性が縮毛矯正をするのも増えてきています。
そして男性にオススメしたいのが、前髪の縮毛矯正

全体に縮毛矯正をかけると真っ直ぐになりすぎてしまいますが、
前髪のみなど部分的に縮毛矯正をすることで自然な仕上がりになるんです。

ミディアム以上の髪型にオススメ

縮毛矯正をかけるメリットは梅雨の時期・朝の前髪セットが楽になること。

しかし、デメリットとして前髪だけシャキーンと伸びすぎて
不自然になってしまう事なんかが挙げられます。

これを解消するのにオススメなのが
ミディアム以上の長さの髪型

縮毛矯正とクセ毛の境目がわかりにくい髪型で、
縮毛矯正をかけなかった部分は逆にパーマっぽく見えるなんてメリットも!

自分好みの前髪に矯正するには

流行りの前髪。
フワッとした形のものが多いですよね。

クセは気になるけど、可愛い前髪にしたい!
縮毛矯正をしても自分好みの前髪にできるのでしょうか?

実は、施術の仕方を工夫してもらう事でフワッとした仕上がりも可能です。

クセの強い根元部分と、柔らかな質感を残したい毛先部分で
薬を使い分ける方法や、

アイロンを使用する際に温度設定に注意したり
真っ直ぐ伸ばしすぎないようにする
事。

また、薬剤を塗った後にピンで止めたりカラーで巻く事で、
毛先に丸みを付けながら時間を置くなどの工夫が可能です。

自分の好みの前髪をしっかりと美容師さんに伝えるようにしましょう。

また、前髪は縮毛矯正をかけても流すこともできます!

事前に伝えておけば、美容師さんが
縮毛矯正を流れるようにかけてくれます。

また、日々のアイロンでのセットでも縮毛矯正は可能です!

縮毛矯正とヘアアイロンの併用に関してはこちらをチェック!
[完全保存版]縮毛矯正をしたあとはヘアアイロンをしていいの?おすすめのアイロン・コテ5選まで!

また、流し前髪には髪の長さも重要
セルフカットは我慢して、プロに流しやすく切ってもらいましょう。

前髪縮毛矯正で失敗しない方法

前髪縮毛矯正での失敗としては、

  • クセが取りきれていない
  • 前髪が浮いてしまう
  • 前髪が真っ直ぐすぎる
  • 毛先がチリチリしてしまった
  • などが挙げられます。

    これは薬剤が弱すぎたり
    逆に強すぎることでダメージが大きすぎる場合に起こります。

    このような失敗を回避するためには、しっかりと自分の
    理想の前髪を美容師さんにお伝えするのが大事
    です。

    特に、自然な前髪にした方は「前髪のクセをまっすぐにしたい」ではなく
    前髪を自然な丸みのあるストレートにしたい」と伝えましょう。

    また、縮毛矯正は髪のクセの強さ、髪の状態で薬剤の強さを変えます。

    そのため、今までのカラー・パーマ・縮毛矯正の
    履歴を伝えるのがとても重要
    です。

    その履歴から、美容師さんはあなたの髪の状態を見極め、
    最適な薬剤を選んでくれます。
    そうすれば、失敗のリスクも防げるんです!

    そして失敗を予防するために一番重要なのが、
    信頼できる美容師さんにお願いするということ。

    縮毛矯正は、髪の毛の負担も大きい施術。
    美容師さんの技術の差も出やすいんです。

    縮毛矯正が得意な美容師さんは縮毛矯正の施術をたくさん経験している方。
    そのため、縮毛矯正のお客さんがたくさんくる美容院を基準に選ぶのがおすすめです。

    また、口コミや美容師さんのブログをチェックして
    施術後の様子などを事前に確認しておきましょう。

    市販の前髪縮毛矯正剤を使ってセルフで出来る?

    縮毛矯正をセルフで行うのはやめましょう!

    縮毛矯正とは、とってもデリケートな施術。
    知識のある美容師さんでも失敗してしまうことがあるくらい
    難しい施術
    なんです。

    そんな縮毛矯正をセルフで行うと、髪が必要以上にダメージを
    受けてしまい、ビビリ毛になってしまうなんて場合も
    ・・・。

    せっかくストレートを求めて縮毛矯正をしたのに、
    うまくいかなかったら元も子もありませんよね。

    縮毛矯正の得意な美容師さんを見つけて、
    プロに施術をお願いすることで失敗を回避しましょう

    まとめ:前髪だけの縮毛矯正でお悩み解消!

    いかがでしたか?

    縮毛矯正をかけたい方、今かけている方も
    前髪のみの施術が気になったのではないでしょうか?

    全体に欠けるよりも遥かに時間とお金の節約になり、
    気になりやすい顔まわりのクセをとることができる前髪縮毛矯正。

    日々、前髪のクセと葛藤している方にはオススメの施術です。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました