【保存版】縮毛矯正後は寝る時も注意が必要なの?寝ぐせで縮毛矯正の効果が落ちるのか解説

縮毛矯正後、多くの人が気になるのがくせ毛に戻ってしまうのではないかということです。
寝ぐせがついたらストレートヘアからくせ毛に戻ってしまうかもしれないと、不安に思う人も多いと思います。
せっかく綺麗なストレ-とヘアにしてもらったのに、すぐに効果がなくなったらがっかりしますよね。
では、縮毛矯正後は寝る時も注意が必要なのでしょうか。
今回は縮毛矯正後に寝ぐせがついたら施術の効果が落ちるのかを解説します。

縮毛矯正当日、寝る時は寝ぐせに気を付けた方が良いの?

縮毛矯正当日の就寝時、寝ぐせに気を付けた方が良いのか詳しく説明します。

縮毛矯正当日は寝る時も気にするべき?

くせ毛

縮毛矯正を一度かけたら効果がなくなることはほとんどありません。
髪へのダメージについては気にした方が良いのですが、くせ毛に戻ることを気にする必要は基本的にはないです。
縮毛矯正をした日もいつもと同じように普通に寝ても大丈夫です。

寝ぐせがついたら水で直せる!

もし、縮毛矯正をした後に寝ぐせがついても水で濡らせばすぐにくせは取れます。
縮毛矯正をした翌日に寝ぐせがついても、慌てずにいつものように寝ぐせ直しや水で髪を濡らしてブローしましょう。

当日以降、縮毛矯正をかけた髪に寝ぐせがつくのが気になるときは?

縮毛矯正をかけてから、当日以降に寝ぐせがつくのが気になるときの対処法を説明します。

寝る時は髪が乾いた状態にしておく

どうしても寝ぐせがつくのが不安な時は、寝る時にしっかり髪を乾かしておくことが大切です。
髪が濡れていると寝ぐせが付きやすいのですが、その他にも髪のダメージの原因にもなります。
寝ている間に髪がこすれてキューティクルが傷んでしまわないよう、きちんと髪を乾かしてから寝ましょう。

ナイトキャップを使ってみる

引用:JY JONLY

ナイトキャップをかぶると寝ぐせ防止になるだけでなく、髪の乾燥や摩擦によるダメージを防ぐ効果もあります。
使う時は髪にナイトキャップの跡がつかないようにかぶるのが大切です。
また、あおむけで寝たり低反発枕を使ってみるのも寝ぐせ防止になります。

【前髪にクセが!】縮毛矯正後に寝る時は気にしすぎないのも大切!

寝る時に縮毛矯正をかけた髪にクセがつくのを気にしすぎてしまうのが良くない理由について説明します。

寝るときに縮毛矯正をかけた髪を気にしすぎるのは良くない?

縮毛矯正後、寝る時に髪を気にしすぎると余計なストレスを感じてしまうのでおすすめできません。
過度なストレスを感じてしまうと、安眠の妨げになって日常生活に支障をきたすこともあります。
寝ぐせがつかないようにあおむけで寝ることを意識しすぎると、肩こりなどの体の不調を引き起こしてしまうかもしれません。
せっかく綺麗なストレートヘアになっても、別の悩みが増えるのは良くありません。
就寝時はなるべくリラックスした状態でいることも大切です。

寝ぐせがつくのは普通のこと!気にしすぎないことも大切

綺麗なストレートヘアを保ちたいあまり、寝ぐせまで気になってしまうことがありますが気にしすぎないのも大切です。
寝ぐせがつくのは普通のことなので、あまり気にしすぎることはありません。
昔は縮毛矯正の技術が今よりも発達していなかったため、耳に髪をかけたり寝ぐせがついたりするのは避けるようにしていました。
しかし、今は技術が進んでいるので基本的に寝ぐせ程度で縮毛矯正の効果がなくなることはありません。
気にしすぎて体調を崩すことのないようにしましょう。

最後に

縮毛矯正後に寝ぐせがついても、基本的には施術の効果はなくなりません。
しかし、就寝時に髪が濡れたままだと髪が傷みやすくなるだけでなく雑菌が繁殖する原因にも成ります。
シャンプーをしたらすぐに髪を乾かし、寝る時には髪がしっかり乾いた状態にしておきましょう。
また、寝ぐせが付いた時には熱ダメージから守ってくれる効果のある寝ぐせ直しを使うのがおすすめです。
日常生活のダメージを防ぎながら、綺麗なストレートヘアを保ちましょう。

TUYAKAMIでは、縮毛矯正がおすすめな美容室についてもご紹介しています!
全国のエリアごとにまとめていますので、今回の記事とあわせてご覧ください♪

【北海道・東北】

【関東】

【関西】

【中部】

【九州・沖縄】

コメント

タイトルとURLをコピーしました