【保存版】縮毛矯正はアイロンなしでやるとどうなる?市販の縮毛矯正剤もアイロンなしはおすすめできない理由とは

縮毛矯正

縮毛矯正はアイロンなしでやるとどうなるか知っていますか?
市販の縮毛矯正剤だと説明にアイロンを使用すると記載されていないものもあります。
今回は縮毛矯正をアイロンなしでやるとどうなるのか、詳しく解説していきます。

縮毛矯正はアイロンなしだとどうなるの?効果が出にくい理由とは

縮毛矯正をアイロンなしでやるとどうなるのかについて説明します。

アイロンなしだと効果が薄い?縮毛矯正でアイロンを使う理由とは

縮毛矯正は1剤で髪の結合を切って柔らかくし、2剤で再結合することで髪をまっすぐにします。
1剤と2剤の間でヘアアイロンを使用して髪をまっすぐにしないと、2剤で再結合した際にあまり髪が伸びていない状態で固定することになるため、効果があまりありません。

アイロンのダメージが気になるならストレートパーマがおすすめ

縮毛矯正はアイロンの熱を利用する施術のため、髪に負担がかかりやすいです。
髪へのダメージが気になる場合、同じように髪をまっすぐにする効果のあるストレートパーマもおすすめです。
ただし、縮毛矯正と比べてまっすぐにする力は弱いので髪の状態と相談して施術を決めましょう。

自宅で市販製品でのセルフ縮毛矯正もアイロンなしはおすすめできない?

セルフでアイロンなしの縮毛矯正をする場合について詳しく説明します。

市販の縮毛矯正剤はアイロンなしでも大丈夫?

引用:Amazon

最近、市販の縮毛矯正剤が出ていますが、中にはヘアアイロンを使用すると記述されていないものも多いです。
しかし、縮毛矯正はアイロンなしでは効果が半減します。
説明書に書いていない場合でも、アイロンを使用する人が多いようです。

そもそもセルフ縮毛矯正は難しい!

縮毛矯正剤は市販でも販売していますが、髪にとても負担がかかる施術のため素人が縮毛矯正をかけるのは難しいです。
プロ仕様の薬剤でないとしても、綺麗にアイロンをかけられない場合もあるためプロのように綺麗に仕上げられると期待しないようにしましょう。

メンズ縮毛矯正でもアイロンなしは失敗しやすい!前髪が不自然になることも

メンズの縮毛矯正でもアイロンなしはおすすめできない理由について説明します。

メンズ縮毛矯正でもアイロンなしがおすすめできない理由とは

メンズの場合、髪が短いのでアイロンなしでも大丈夫だと思うかもしれませんが、アイロンなしだと失敗しやすいです。
髪の部分ごとにクセの強さが違うため、アイロンを使用しないときちんとクセが伸びていないところが残ることがあります。
特に前髪はアイロンで自然な丸みをつけてあげなければ、不自然になる事も多いです。

縮毛矯正はアイロンなしを行う美容室もある

美容室の中には、ドライヤーで120℃くらいの温風を髪に当てながらブローをして髪のくせを取る美容室もあります。
基本的にはアイロンを使用する場合が大半ですが、中には使用ししていない美容室もあるので事前に調べておきましょう。

アイロンなしでもありでも縮毛矯正は自宅よりも美容院での施術がおすすめ!

最近では市販の縮毛矯正剤が販売されていますが、アイロンなしでもありでもセルフでの施術はあまりおすすめできません。
縮毛矯正はとても技術が必要な施術のため、ヘアカラーやブリーチよりも失敗する確率が高くなります。
セルフでの施術は一見低コストに思えますが、失敗すると逆にコストがかかることもあります。
縮毛矯正で出来るだけ失敗したくない場合は、セルフよりも美容院での施術が断然おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました