雨の日に縮毛矯正かけても効果はある!雨や汗でうねらない、広がらない髪に!

雨の日 縮毛矯正

縮毛矯正は髪を綺麗なストレートヘアにしてくれる施術ですが、雨の日は避けた方が良いと思う人もいます。
しかし、雨の日に縮毛矯正するのは実は効果があるだけでなくメリットもあるのです。
今回は、雨や汗でうねる髪に縮毛矯正するメリットやアドバイスをまとめて紹介します。

雨や汗で髪がうねる人には部分縮毛矯正がおすすめ!

雨や汗で髪がうねる人には部分縮毛矯正がおすすめです。
以下では、おすすめの理由について説明します。

そもそも雨や汗でどうして髪がうねるの?

雨の日

髪のうねりの原因の1つは湿気です。
雨が降ると湿度が高くなり、髪は通常よりも水分を多く含みます。
また、汗をかくと同様に通常よりも髪が水分を含んだ状態になります。
雨や汗で髪がうねったり広がったりする原因は、毛髪内の水分バランスが崩れるためです。

雨や汗で髪がうねる部分に縮毛矯正がおすすめな理由

縮毛矯正は美容室の施術の中でも、髪へのダメージが大きい施術です。
髪全体を縮毛矯正してしまうと、その分髪が傷みやすくなります。
雨や汗で髪の水分バランスが崩れ、前髪や襟足だけクセが出てくる人は部分的な縮毛矯正がおすすめです。

失敗かも?縮毛矯正したのに雨の日に髪がうねる・広がる人

雨の日に髪がうねる・広がる人とはどのような方なのでしょうか?
早速、ご紹介していきます。

縮毛矯正した髪は雨に濡れないよう気をつけよう!

雨の日

縮毛矯正後は施術が成功していれば、水にぬれた程度でクセが取れることはありません。
しかし、水にぬれると髪が傷みやすくなります。
縮毛矯正でダメージをうけた状態で雨に濡れると、髪が傷んでビビり毛や切れ毛が出てくる可能性もあるので気をつけましょう。

縮毛矯正後に髪が乾いた状態でクセが残っている時

くせ毛

縮毛矯正後、雨の日に髪が乾いた状態でクセが残っている場合、単純に施術が失敗している可能性があります。
美容室に払い戻しも視野に入れた相談をした方が良いでしょう。

雨の日に美容院で縮毛矯正をかけても効果はある?メリットを紹介

雨の日の縮毛矯正にはメリットもあります。
雨の日の縮毛矯正とメリットについて説明します。

そもそも雨の日に縮毛矯正しても大丈夫?

雨の日の傘

雨の日は縮毛矯正を避けた方が良いという噂があるようですが、施術自体には特に影響ありません。
もし、雨の日に縮毛矯正をして失敗をした場合は雨以外の原因を探した方が良いです。

雨の日にうねる髪に縮毛矯正するメリットは?

縮毛矯正のメリット

雨の日にくせ毛になる人は、雨の日に縮毛矯正をすると髪にクセが出た状態で施術を受けられるのがメリットです。
また、雨の日はお客さんが少ないこともあるのでおすすめです。

縮毛矯正をかける日が雨だったときに気をつけたいこと

雨の日の縮毛矯正は問題ありませんが、注意点もあります。
以下では、雨の日の縮毛矯正で気をつけたいことについて説明します。

雨の日は縮毛矯正後に濡れないよう気をつける

シャワー

縮毛矯正後の髪はとてもデリケートです。
帰り道で髪が濡れると余計なダメージを与えかねないため注意しましょう。
また、当日のシャンプーも避けた方が良いです。

縮毛矯正後は髪にダメージを与えないように気をつけましょう!

縮毛矯正

雨の日に縮毛矯正するのは問題ありませんが、施術後は出来るだけ髪を傷める行動をしないように注意が必要です。
また、雨の日に縮毛矯正をしてから短期間でクセが出てきた場合、単なる失敗である可能性が高いです。
失敗したかなと思ったら、なるべく早めに施術を受けた美容室へ相談しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました