縮毛矯正の種類や効果を解説!クリームやセットの使い方なども記載。

縮毛矯正 未分類

くせ毛をストレートヘアにしたい時、考える手段の一つが縮毛矯正です。
縮毛矯正は高い技術が必要な施術のため、事前に種類や効果を把握するのも大切になります。
今回は縮毛矯正の種類や効果とあわせて、市販の縮毛セットの評価や口コミ、縮毛矯正クリームなどのヘアケア商品を紹介します。

効果がない縮毛矯正とは?原因を解説

縮毛矯正をしたのに効果を感じられなかった時の原因や対処法を紹介します。

縮毛矯正に失敗した?効果を感じない時の原因は?

縮毛矯正の効果がない

縮毛矯正をしたのにクセが残り、効果を得られなかったと感じることがあります。
このように、施術の失敗は髪がビビり毛や根折れになる他にもきちんとストレートヘアにならないケースも含まれます。

効果がないと感じる縮毛矯正の原因は、大半がカウンセリング不足です。
髪のくせの状態をきちんとカウンセリングで把握できていない場合、使用する薬剤が弱かったり、放置時間が短かったりしてくせが残ります。

縮毛矯正を失敗しないためにはどうすればいいの?効果を得られる美容室とは

縮毛矯正に失敗しないためには?

縮毛矯正を失敗しないためには、事前にきちんとカウンセリングをしてくれる美容室を選ぶのも大切です。
また、きちんと縮毛矯正の効果を得るためには、高い技術をもった美容室を選ぶ必要もあります。
縮毛矯正は美容室のメニューの中でも高い技術が必要なため、技術力の低い美容室だと効果がないだけでなくビビり毛や根折れが起こる可能性もあります。

施術に失敗しないためにも、事前にきちんとカウンセリングをしてくれる縮毛矯正が得意な美容室を選ぶようにしましょう。

縮毛矯正の種類は何がある?それぞれの効果期間も併せてご紹介

縮毛矯正の種類と効果期間について紹介します。

縮毛矯正にはどんな種類があるの?

縮毛矯正の種類

主な縮毛矯正は次の通りです。

  • アルカリ性縮毛矯正
  • 酸性縮毛矯正
  • 弱酸性縮毛矯正
  • 低温縮毛矯正

主な種類は上記の通りですが、扱っている施術は美容室ごとに変わってきます。
基本的に広く知られている施術はアルカリ性縮毛矯正です。
アルカリ性の薬剤よりも髪を傷めない施術として人気なのが、髪と同じ弱酸性の縮毛矯正になります。

縮毛矯正の種類ごとに効果期間は変わってくる?

縮毛矯正の効果期間

縮毛矯正の種類ごとに効果期間は基本的にあまり変わりません。
まれに弱酸性縮毛矯正の効果がなかったという口コミがありますが、大半が施術者の技術不足や薬剤の質などの問題です。
種類ごとに薬剤や施術方法が変わってくるため、きちんとした技術を持った美容室でないと失敗する可能性はあります。

プロカリテやベネゼルの縮毛矯正セットの効果や口コミをご紹介

縮毛矯正は市販のヘアカラー剤のようなセットも販売されています。
その中でも有名なプロカリテとベネゼルの縮毛矯正セットの効果や口コミを紹介します。

プロカリテの縮毛矯正セットの効果や口コミは?

プロカリテの縮毛矯正セット

引用:ウテナ

プロカリテの縮毛矯正セットはAmazonのレビューを見ると、評価は星5つ中の3.3でした。
縮毛矯正セットにはショート用とロング用があります。
レビューを読んでみると、ストレートヘアになるけど髪が傷むという意見がいくつかありました。
また、効果を実感した人だけでなく実感できなかった人もいるようです。

レビューの中に、1液を使用した後にヘアアイロンでしっかり伸ばすことが重要という意見がありました。
通常の縮毛矯正のように、ヘアアイロンを使用すると効果を実感しやすいようです。

(参考:Amazonレビュー

ベネゼルの縮毛矯正セットの効果や口コミは?

ベネゼルの縮毛矯正セット

引用:ベネゼル

ベネゼルの縮毛矯正セットをAmazonで調べてみると、評価は星5つ中の3.3でした。
プロカリテの評価と同じですが、ベネゼルの方が口コミ数は少なかったです。
評価が中間ということもあり、効果を感じられた人と感じられなかった人が半々の印象です。

こちらの縮毛矯正セットの口コミにも、1液の後のヘアアイロンが大切だとありました。
また、低評価のレビューを読むと髪が傷んだという意見がいくつかありました。
髪の状態を見て使用するか判断するのがおすすめです。

(参考:Amazonレビュー

トリートメントやオイルで縮毛矯正の効果は長引くのか

縮毛矯正後に効果を長くする方法はあるのでしょうか?
縮毛矯正クリームやトリートメント、オイルでのケアについて紹介します。

縮毛矯正クリームで効果期間は長くなる?

縮毛矯正クリーム

引用:シェモア

縮毛矯正後、できるだけ効果を持続させるためには傷みやパサつきをおさえるのが重要になります。
縮毛矯正クリームは縮毛矯正やヘアカラーなどで傷んだ髪を保湿、補修してくれるクリームです。
縮毛矯正クリームは施術によるダメージを補修してくれるだけでなく、ドライヤーやアイロンの熱によるダメージから守ってくれる効果もあります。

縮毛矯正後はトリートメントやオイルでのケアもおすすめ?

ヘアケア

上記で説明したとおり、縮毛矯正後はヘアケアが大切になります。
トリートメントやヘアオイルでダメージを補修しつつ、日常生活のダメージを防ぐのもおすすめです。

縮毛矯正を長持ちさせるためには日々のケアが大切!

縮毛矯正をなるべく長持ちさせるためには、日々のケアが大切になります。
また、ドライヤーを使用するときはなるべく高温にしないようにしつつ、髪をまっすぐ引っ張りながら乾かすのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました