【保存版】縮毛矯正とウルフカットの組み合わせは難しい?難しい理由とおすすめできない訳を詳しく解説

縮毛矯正

最近流行りのウルフカットですが髪のうねりがきになる人の場合、縮毛矯正とあわせてやりたい人もいると思います。
しかし、実は縮毛矯正とウルフカットはあまり相性が良くない組み合わせだと言われているのを知っていますか?
今回は縮毛矯正とウルフカットの組み合わせが難しい理由とおすすめできない訳を詳しく解説します。

縮毛矯正とウルフカットの組み合わせは難しい?

縮毛矯正とウルフカットの組み合わせが難しい理由について解説します。

そもそもウルフカットとは?マニッシュで甘辛な雰囲気が人気!

ウルフカットとは髪の下部にレイヤーを入れ、上部を下部よりも短くして丸くカットする髪型のことです。
襟足部分が軽くてすっきりしているスタイルで、最近流行りの髪型の1つでもあります。
マニッシュな雰囲気や甘辛な雰囲気にしたい人におすすめで、男女ともに人気のある髪型です。

ウルフカットは縮毛矯正と組み合わせるのは難しい?

縮毛矯正

今、人気のあるウルフカットですが縮毛矯正と合わせるのは少し難しくなります。
理由としてはウルフカットが丸みのあるシルエットが大切になるからです。
上部と下部の差を楽しむ髪型でもあるため、ウルフカットは上部を丸くカットします。
しかし、縮毛矯正をしてしまうと髪がペタッとしてしまうため丸いシルエットを作るのは難しいです。
そのため、縮毛矯正×ウルフカットは難しい組み合わせになります。

どうしても縮毛矯正したい時はトップに丸みを作ってもらうこと

2つの組み合わせは難しいのですが、どうしても縮毛矯正をしたい場合は上部を大きめのロッドなどを使用して丸みを作ってもらうのがおすすめです。
この場合、先にウルフカットをしたいと美容室に相談しておくことが大切です。
また、わざわざ丸みを作ってくれる対応をしてくれない美容室もあるかもしれないため予約の際に事前に相談しておきましょう。

ミディアムやショートのウルフカット×縮毛矯正は特に難しい?

ミディアムやショートのウルフカットと縮毛矯正について説明します。

ミディアムやショートは特にシルエットが大切

ウルフカットは丸みが大切な髪型のため、縮毛矯正をするとペタッとして不自然な髪型になる確率が高いです。
特に難しいのが、ミディアムやショートなどの髪が短めのウルフカットと縮毛矯正の組み合わせです。
ミディアムまでの長さならトップに丸みを作って襟足にレイヤーを入れやすいかもしれませんが、ショートはかなり難しくなります。
縮毛矯正をすると上部と下部の段差がショートだと分かりにくくなることもあり、あまりおすすめできない組み合わせになります。

前髪だけ縮毛矯正をしてウルフカットをするケースも

縮毛矯正を髪全体にかけるのではなく、前髪や襟足だけをかけることがあります。
ウルフカットの場合、上部の髪のシルエットが大切になるため前髪だけを縮毛矯正してみるのもおすすめです。
前髪縮毛矯正は通常の縮毛矯正よりも格安なことも多く、コスト的にも人気のある施術です。

髪のうねりを伸ばすために朝からアイロンを使うことも多いのですが、前髪縮毛矯正をしていれば忙しい時間も楽になります。
ただし、前髪がまっすぐすぎるとウルフカットも不自然になりやすいので自然な丸みを作れる技術を持った美容室をきちんと探しましょう。

メンズ縮毛矯正もウルフカットはあまりおすすめできません!

男性の縮毛矯正もウルフカットが難しい理由を説明します。

男性のウルフカットも人気の髪型!ただし縮毛矯正には不向きなスタイル

マニッシュな雰囲気にしたい女性に人気のウルフカットですが、男性にも人気のある髪型です。
特に髪が多くて雰囲気が重くなりやすい髪におすすめで、襟足をスッキリさせることで爽やかなイメージにできます。
縮毛矯正をかけると髪のボリュームがなくなり、ウルフカット特有の丸いシルエットを作るのは難しくなります。
ただし、縮毛矯正のまっすぐな髪を活かして個性的なウルフカットにしたい場合は試してみてください。

縮毛矯正をかけずにくせ毛を活かしてウルフカットしてもらうケースも

縮毛矯正は髪のうねりに悩んでいる人におすすめの施術ですが、ウルフカットも髪のうねりに悩む人におすすめの髪型です。
髪のうねりを逆に活かして動きのあるウルフカットにするのもおすすめです。
くせ毛を活かしたウルフカットがしたい場合は、美容師さんの技術によってもおしゃれになるか決まってくるため美容室選びが大切になります。
ウルフカットにしたいか、縮毛矯正をしたいか考えて美容室を探してみてください。

最後に:ウルフカットなら縮毛矯正で髪をストレートにしなくてもおしゃれな髪型にできます!

ウルフカットは縮毛矯正とあまり相性の良い髪型ではありませんが、くせ毛を活かした髪型にしやすいのも特徴です。
ストレートにしなくてもおしゃれな髪型にできるので、縮毛矯正したいのかウルフカットにしたいのかを一度考えてみるのもおすすめです。
また、縮毛矯正のまっすぐさを活かして個性的な髪型を目指してみるのもいいかもしれません。
もしどうしても縮毛矯正とウルフカットのどちらもやりたい場合は、きちんとトップに丸みを作ってくれる美容室を探しましょう。
縮毛矯正はとても高い技術が必要な施術のため、自然なウルフカットにしてもらうためにはレベルの高い美容室を探すことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました