縮毛矯正のメリット・デメリットをご紹介!ストレートパーマとの違いとは?

未分類

「クセが強すぎて、思い通りのスタイリングが出来ない!」
「縮れ毛が酷くて、髪の毛がキレイに見えない!」

そんなお悩みを抱えている人がまず思い浮かべるのが縮毛矯正やストレートパーマではないでしょうか?

しかし、いざそれぞれの違いやメリット・デメリットと言われると、よく分からない…
なんてこともありますよね?

そこで、今回の記事では、そもそも縮毛矯正とはどういう施術なのか?ストレートパーマとの違いやそれぞれの特徴についてまとめました。

美しいストレートヘアを手に入れたい人は是非最後まで読んでみて下さい!

まずそもそも縮毛矯正とは

縮毛矯正とは、簡単に説明すると、縮れた髪やクセの強い髪を直毛の状態で固定する施術のことです。

どんな強いクセでもストレートにすることができ、一度まっすぐに矯正された部分は半永久的にまっすぐの状態が続くという特徴があります。

【縮毛矯正の施術の流れ】

  1. 薬剤(1剤)で髪の毛を柔らかい状態にします。
  2. アイロンなどを使い、熱の力で髪を伸ばします。
  3. 別の薬剤(2剤)で髪の毛を元のハリのある状態に戻します。

縮毛矯正では、手順②の熱を加えるという工程があり、全3工程で施術を行います。

縮毛矯正のメリット・デメリットはこちら

では、縮毛矯正にはどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?
それぞれ解説していきます。

縮毛矯正のメリット

強いクセ毛にも効果がある
アイロンなどの熱を加えて伸ばすため、天然パーマや強いクセ毛、縮れ毛に悩んでいるひとにもおすすめの施術です。
ストレートにするだけでなく、クセ毛によるボリュームや広がりも抑えることが出来ます。
縮毛矯正をかけた部分は、半永久的にまっすぐになる
薬剤と熱によって髪をしっかりとクセを付けるため、一度縮毛矯正をかけた部分は、半永久的にストレートのまま維持できます。
ツヤのある髪を手にいれることができる
縮毛矯正では薬剤で髪の毛をコーティングします。そのコーティング技術によりツヤが出るのです。
また、縮毛矯正により大きなうねりが取れる為、光を綺麗に反射しツヤのある髪に見せてくれます。

縮毛矯正のデメリット

髪への負担が大きく、ダメージが蓄積しやすい
美容院で行う施術の中で、髪への負担やダメージが最も大きいため、縮毛矯正後の髪はダメージが蓄積しやすくなります。
施術者によって仕上がりに差が出る
縮毛矯正は、難易度の高い技術の為、施術者によってはピンと伸びすぎて不自然なストレートになってしまうなど、仕上がりに差が出ることがあります。

ストレートパーマのメリット・デメリットはこちら

縮毛矯正と同じく、髪の毛をますっぐにしたい人に人気のストレートパーマにも、メリット・デメリットが存在します。

ストレートパーマのメリット

自然なストレートになる
アイロンなどで熱を加える処理をしないため、仕上がりが自然になります。
縮毛矯正と比べて値段が安い
ストレートパーマの平均的な施術料金は、縮毛矯正と比べ比較的安めに設定されています。

ストレートパーマのデメリット

半永久的ではない
ストレートパーマは、半永久的に真っ直ぐな状態が続くわけでは無いため、定期的に掛け直す必要があります。

縮毛矯正とストレートパーマの違いとは?

縮毛矯正とストレートパーマでは、施術の手順ともともとの目的に違いがあります。

縮毛矯正が、1剤と2剤の間にアイロンなどの熱処理を加えるのに対し、ストレートパーマでは熱処理を行いません。

また、縮毛矯正はクセ毛の矯正を目的とした施術であり、ストレートパーマの本来の目的は、パーマを落としてストレートに戻すことなのです。

ストレートパーマ

 

この投稿をInstagramで見る

 

さちえ女将(@okamisachie)がシェアした投稿

実際に、縮毛矯正でもストレートパーマのどちらでも、ダメージなどの髪の状態やクセの強さなどによって、美しいストレートを手にすることは可能です。
上の施術写真を見て頂くと分かるように、どちらの施術であっても、キレイなストレートにすることが出来るのです。
自分の求めているヘアスタイルには、どちらの施術が合っているのか?また、今の自分の髪の状態ではどちらなら理想のストレートヘアを叶えることができるのか?など、美容師さんとよく相談して決めることをおすすめします。
今回の記事でお伝えした通り、縮毛矯正にもストレートパーマにもそれぞれメリット・デメリットが存在しています。
どちらかの施術を受けようか迷っている人や、クセ毛で悩んでいる人は是非参考にしてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました