縮毛矯正でビビリ毛になった際はどうすればよい?原因のほかクレームについても解説

未分類

縮毛矯正の失敗で多いのがビビリ毛です。
気づかないうちに前髪やもみあげがビビリ毛になり、直し方が分からない人も多くいます。
今回はビビリ毛の原因やクレーム、返金についてなどまとめて詳しく解説します。

そもそも縮毛矯正後のビビリ毛の原因とは?

縮毛矯正後のビビリ毛の原因や予防方法を紹介します。

縮毛矯正後のビビリ毛の原因は?

ビビリ毛の原因は?

縮毛矯正後のビビリ毛の原因は、施術時の髪へのダメージです。
縮毛矯正はとてもダメージの大きい施術のため、髪が耐えられるダメージを超えるとビビリ毛になって現れます。

ビビリ毛を予防するためのポイントは?

美容室

ビビリ毛は髪へのダメージの蓄積によって起こるため、髪が事前に縮毛矯正に耐えられる状態かの判断が大切です。
施術前にはしっかり美容師さんにカウンセリングしてもらいましょう。

ブリーチした髪でも縮毛矯正できる?ビビリ毛にならないの?

縮毛矯正後のブリーチができるのか、ビビリ毛にならないのかを説明します。

縮毛矯正直後のブリーチはおすすめできません!

ブリーチした髪

縮毛矯正もブリーチも髪に負担がかかる施術です。
そのため、縮毛矯正直後のブリーチはおすすめできないだけでなく、美容室でも断るケースがほとんどです。
無理に施術を施すと、ビビリ毛になるだけでなく髪が溶ける恐れもあります。

どうしてもブリーチしたい時は間隔を空けること!

ヘアケア

どうしてもブリーチしたい場合は、髪の状態を十分に整えて最低でも1週間は期間を空けて施術をするのがおすすめです。

もみあげや前髪のビビリ毛は縮毛矯正の失敗!

縮毛矯正後のもみあげや前髪のビビリ毛について説明します。

縮毛矯正後にもみあげや前髪がビビリ毛に?

前髪がビビリ毛に

もみあげや前髪は特にビビリ毛になりやすい場所です。
顔周りの細い髪はビビリ毛になりやすいため注意が必要です。

ビビリ毛は時間が経ってからでてくることも……

一見失敗していないように見えても、もみあげや前髪のような繊細な箇所はダメージの蓄積によって帰宅後にビビリ毛になる事があります。

ビビリ毛にクレーム言いたい!美容室は返金してくれるのか?

ビビリ毛を見つけた時、返金してもらえるかや返金時のポイントをを説明します。

失敗してビビリ毛になったら返金してもらえる?

縮毛矯正失敗での返金

基本的にビビリ毛のような分かりやすい失敗は、返金してもらえるケースが多いです。
まずは施術を受けた美容室へ相談しましょう。

返金してもらう時のポイントは?

美容室に連絡する女性

ビビリ毛はその場で気づけず、帰宅後に気づくことや少し時間が経ってから出てくることもあります。
気づいたらすぐに美容室へ連絡をして、冷静に今後の対応について相談するのが返金してもらうためのポイントです。

縮毛矯正後のビビリ毛の直し方・修復方法はこちら

ビビリ毛の直し方や修復方法について説明します。

そもそもビビリ毛は直せるの?

ビビリ毛は直せるの?

残念ながら一度ビビリ毛になると、完全に直すのは難しいです。
ただし、ヘアケアによってダメージの状態の緩和はできます。

ビビリ毛の直し方や修正方法は?

ビビリ毛の修復

ビビリ毛を修復したい時におすすめなのが、洗い流さないトリートメントです。
洗い流さないトリートメントで、しっかり保湿・補修しつつ日常のダメージから守りましょう。

ビビリ毛に有効なおすすめトリートメントをご紹介

ビビリ毛の緩和に有効なトリートメントを紹介します。

1.エルジューダ エマルジョン+

エルジューダ エマルジョン+

引用:ミルボン

たっぷり配合された保湿成分と毛髪補修成分が、ダメージを受けた髪を保護しながら補修してくれます。

2.シェイク アンド ストレート ヘアプライマー

シェイク アンド ストレート ヘアプライマー

引用:STEPHEN KNOLL

ダメージでごわついた髪を内部から補修してくれるオイルトリートメントです。

3.エクストラオーディナリー オイル エクストラ リッチ フィニッシュ

ドライヤー前に使用すれば熱や乾燥によるダメージも防いでくれます。

洗い流さないトリートメントでビビリ毛を和らげましょう!

ビビリ毛は完全に直すのは難しいのですが、ヘアケアで状態を改善したり、ダメージの進行を防げます。
洗い流さないトリートメントを活用して、日常のダメージを防ぎながらビビリ毛を緩和しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました