【保存版】縮毛矯正は汗でとれることはあるの?汗っかきが施術当日や翌日まで注意するポイントとは

縮毛矯正

縮毛矯正をする理由として意外と多いのが、汗で前髪などがうねるケースです。
汗っかきな体質だと、夏場など気温が高かったり運動して沢山汗をかくと髪がうねることがあります。
そんな時に縮毛矯正でうねりを治したいと思っても、気になるのが汗で施術の効果がとれるのかという疑問です。
今回は汗で縮毛矯正が濡れても大丈夫なのかという疑問と共に、汗かきな人が施術当日や翌日まで注意するポイントについて詳しく説明します。

縮毛矯正をしても汗で濡れると髪はうねるの?汗かきでも大丈夫?

縮毛矯正をした後、汗で濡れると髪がうねるのかという疑問について詳しく説明します。

【知恵袋での相談も】縮毛矯正をかけた日の汗で悩む人が多い

汗っかきな人の場合、汗でうねる髪をおさえたくて縮毛矯正をする人も多いと思います。
しかし、知恵袋などを見てみると汗で縮毛矯正がとれるのではないかと悩む人もいるようです。
縮毛矯正は薬剤を使用してうねった髪を柔らかくし、まっすぐにした状態で固定する施術です。
汗で濡れた程度では基本的に取れないので安心してください。

汗で縮毛矯正が取れることはなくても注意は必要!

基本的に汗くらいで縮毛矯正が取れることはありませんが、施術当日に大量の汗をかいてシャワーを浴びたように髪が濡れるのは避けた方が良いです。
同様に当日の洗髪もなるべく避けた方が良いでしょう。

汗で前髪などがうねる場合には縮毛矯正がおすすめ! 当日気をつけることは?

汗で前髪などがうねるときの縮毛矯正や当日気をつけるポイントについて説明します。

汗かきなメンズにも縮毛矯正がおすすめ

普段は気にならなくても、汗をかくと前髪がうねって上手くまとまらない人は意外と多くいます。
髪が短い男性やショートヘアの女性の中には、前髪や襟足だけを縮毛矯正する人もいます。
汗で濡れやすい部分だけ縮毛矯正すれば、梅雨時などくせ毛をコントロールしにくい時期や夏場でも髪がまとまりやすいのでおすすめです。

縮毛矯正をかけたら次の日まで汗やシャワーなどで濡れないように注意!

縮毛矯正後のシャンプー

縮毛矯正をかけたら次の日までシャワーや汗で髪が濡れないように注意しましょう。
少しの汗で縮毛矯正が取れたりすることはありませんが、わざわざ大量の汗をかくような運動をしたりシャンプーをして髪を濡らすのはおすすめできません。
洗顔やお風呂で髪が濡れた場合は早めに乾かすようにしましょう。

【汗っかきさん必見!】縮毛矯正直後に効果が汗で取れるのを防ぐポイントは?

縮毛矯正直後に汗で効果がとれるのを防ぐポイントについて説明します。

夏場などの汗をかきやすい日は注意が必要

縮毛矯正は薬剤で半永久的にストレートヘアにする施術です。
汗の作用で薬剤の効果が無くなることはありませんが、施術直後に大量に汗をかいて髪が濡れた状態になるのはあまりよくありません。
もし、夏場などの汗をかきやすい時期に施術が終わってから大量の汗をかいてシャワーを浴びたように髪が濡れた場合、すぐにドライヤーで乾かしましょう。
また、クシで髪を解いたり手櫛を使ってまっすぐな状態に髪を戻して早めに家に帰るのがおすすめです。

縮毛矯正をかけた日、美容院から帰るときは汗だけでなく雨にも注意!

雨の日

縮毛矯正をかけた日は美容院から帰るときも注意しましょう。
雨が降って髪がビシャビシャになると、髪が傷んだり縮毛矯正のかかりがあまくなる可能性もあります。
施術を受ける日は天気予報をチェックしてから出かけるようにしましょう。

縮毛矯正当日はなるべく運動は避けること

汗っかきさんの場合、縮毛矯正当日はなるべく運動は避けて汗をかくようなことはせずに家でゆっくりするのがおすすめです。
できるだけ汗をかかないように行動しましょう。

前髪が汗で濡れた場合はアイロンを有効活用しましょう

前髪が汗で濡れた場合、アイロンでのばして整えるのもおすすめです。
ただし、アイロンを使いすぎると髪が傷んでしまうので頻繁に使用するのは避けましょう。

最後に:

基本的に縮毛矯正が汗で取れることはありません。
汗で取れてしまう場合はきちんと縮毛矯正がかかっていないことがあるので、美容室に一度相談してみてください。
ただし、縮毛矯正をかけた当日は薬剤がまだ落ち着いていないため、汗などで髪が濡れないように注意しましょう。
縮毛矯正直後から翌日までの24時間はなるべく汗をかくような運動は避けたり、こまめに汗を拭いたりして過ごすのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました