【保存版】縮毛矯正をした後にカラートリートメントはやっていい?カラーバターは?縮毛矯正との相性を解説!

カラーリングした髪 縮毛矯正

縮毛矯正で綺麗なストレートヘアにした後、ヘアカラーをしたいことも多いと思いますが心配なのは髪のダメージです。
髪へのダメージを考えた時、カラートリートメントやカラーバターでは染められないかと考えたことはありませんか?
今回は縮毛矯正とカラートリートメントやカラーバターの相性について詳しく解説します。

カラートリートメントとカラーバターってどんなもの?

カラートリートメントとは

カラートリートメントとは、ヘアカラー剤とトリートメントが一緒になった商品のことです。
シャンプー後に髪を染めながらヘアケアもできる商品で、手軽に髪を染められるのが特徴のアイテムになります。

カラーバターとは

カラーバターもカラートリートメントと同じように、髪をケアしながら髪を染められるアイテムです。
カラーバターは発色が良いのが特徴で、色を混ぜて使用することもできます。
また、発色が良いため一度使用するだけで髪にしっかり色がつくのも特徴です。
ただし、髪の表面に色を付着させるため黒髪や暗い色の髪に使用してもあまり変化を感じられません。

カラートリートメントとカラーバターの違いは?

hair

2つの違いは効果の面ではあまりありません。
効果の違いはあまりありませんが、カラーバターはカラートリートメントよりも粘度が高くて液だれしにくい特徴があります。

また、染まり方の違いもあります。
発色が良いのはカラーバターの方で、すぐに髪を染めたい場合はカラーバターがおすすめです。
カラートリートメントはシャンプー後に使用し、徐々に髪を染めていくアイテムになります。

縮毛矯正+カラートリートメント・カラーバターの相性は?同時にできる?

縮毛矯正+カラートリートメント・カラーバターの相性は?

縮毛矯正

縮毛矯正とカラートリートメント・カラーバターは基本的に相性があまりよくありません。
これは、通常のカラー剤とは違い髪をコーティングする形で染めるためです。
カラートリートメントにもカラーバターにもヘアカラー剤は入っていますが、混ざっているのはヘアマニキュアの成分になります。
したがって、カラーリングの特徴としてはヘアマニキュアに近いです。
縮毛矯正をしてからすぐにカラートリートメントやカラーバターを使用すると、コーディングの効果によって髪がダメージを受ける可能性があります。

カラートリートメント・カラーバターと縮毛矯正は同時にできないの?

ダメージヘア

同じ日に施術を行うのはおすすめできません。
特にカラートリートメント・カラーバター後、すぐに縮毛矯正を行うと色落ちしてしまうので注意が必要です。
また、逆の場合も髪を傷める可能性があるので注意してください。
もし、2つを同時に行う場合は順序や期間に気をつけて行いましょう。 

カラートリートメント・カラーバターは縮毛矯正の前?後?そもそもやっていい?

縮毛矯正とカラートリートメントの順番は?

縮毛矯正

上記で説明したように、カラートリートメント・カラーバター後に縮毛矯正をすると色落ちしてしまいます。
そのため、順序としては縮毛矯正カラートリートメント・カラーバターの順番がおすすめです。
ただし、順番通りにしても期間を空けないと髪を傷めることもあるので気をつけましょう。

カラートリートメント・カラーバターと縮毛矯正はやってもいいの?

美容室

カラートリートメント・カラーバターをした後に縮毛矯正をすると色落ちしてしまいます。
それだけではなく、ムラになってしまうこともあるため、2つを同時に行う場合は自分でやるのではなく美容師さんにやってもらうのがおすすめです。

また、縮毛矯正直後にカラートリートメント・カラーバターを使うのもおすすめ出来ません。
縮毛矯正後は髪の内部にアルカリや加水が残留していて、直後にカラートリートメントやカラーバターでコーティングしてしまうと髪が傷む恐れがあります。
同時に行う場合は一定期間空けてから施術を行うようにしましょう。

カラートリートメント・カラーバターをしている人が縮毛矯正をするときはこうしよう!

もし、先にカラートリートメントやカラーバターをしてしまったら?

カラーリングした髪

カラートリートメントやカラーバターをした直後に縮毛矯正をしてしまうと、色落ちしてしまいます。
そのため、もし先にしてしまった場合は縮毛矯正をするなら1週間ほど期間を空けるのがおすすめです。

また、美容師さんに相談して髪の状態を見てもらうと失敗する確率も減ります。
縮毛矯正はとても技術が必要な上に、髪が傷みやすい施術です。
カラートリートメントやカラーバターをした髪に縮毛矯正する場合、いつも以上に丁寧なカウンセリングをしてもらい、出来る限り信頼している美容師さんに施術をしてもらいましょう。

縮毛矯正後+カラートリートメント・カラーバターは期間を空けるのがおすすめ!

縮毛矯正+カラートリートメント

先にカラートリートメントやカラーバターをすると縮毛矯正後に色落ちすると説明しましたが、逆の場合にも注意が必要です。
縮毛矯正後すぐにカラートリートメントやカラーバターをすると、髪がコーティングされて髪が傷む可能性があります。
そのため、どちらを先にするにせよ1週間は期間を空けた方が良いです。

染めたい時は縮毛矯正×カラーで!

縮毛矯正で綺麗なストレートヘアにした後、髪を染めたい人も多いと思います。
また、髪へのダメージを考えると通常のヘアカラーよりも、カラートリートメントやカラーバターを使用したい人も多いです。
しかし、使い方を間違うと色落ちしてしまったり、反対に髪を傷めてしまう恐れもあります。
縮毛矯正とカラートリートメントやカラーバターを同時に行いたい時は、順番や期間に気をつけることが大切です。
今回紹介したことを参考に、縮毛矯正×カラーを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました