【保存版】縮毛矯正で前髪がピンピンになる!2つの原因と治し方を解説します

縮毛矯正

縮毛矯正を掛けたら前髪が真っすぐ過ぎて違和感がある…」
「前髪がシャキーンとしている…」

など、縮毛矯正したら前髪だけピンピンになってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか?

今回は、前髪がピンピンになってしまう2つの原因と治し方を解説します。

縮毛矯正をして髪の毛がピンピンになってしまう2つの原因とは?

縮毛矯正をかけて、前髪が不自然にピンピンになってしまう原因は次の2つです。

縮毛矯正を掛けてからカットしている
・前髪のアイロンをする時に丸みを作っていない
前髪は縮毛矯正後にカットすると、毛先に真っすぐなラインができてしまいます。縮毛矯正を掛けてからカットすると、施術によって真っ直ぐになっている中間部分でカットをしてしまうので、不自然に真っ直ぐすぎるという現象が起きてしまうのです。
もう一つの原因は、美容師さんの施術のやり方の問題です。毛先にアイロンをかける際に、まるめるようにあてると自然な仕上がりになるのですが、丸みを作らずにアイロンをしてしまうと、前髪がピンピンになってしまいます。

前髪のピンピンを直す方法は?メンズ縮毛矯正の場合は?

せっかく縮毛矯正をしたけれど、前髪がシャキーンと真っ直ぐに伸びてしまった場合の対処方法はあるのでしょうか?

直したり気にならなくしたりする主な対処方法は3つです。

ピンピンの前髪を直す方法は?3つのやり方を紹介

  1. ヘアアイロンやカーラーを使ってスタイリングする
  2. パーマを当てる
  3. ワックスを使ったりヘアアレンジを工夫する

ヘアアイロンやホットカーラーで毛先だけ丸くしてみるだけでもかなり自然な状態にできます。

また、デジタルパーマをかけることで縮毛矯正を落とす効果があり、不自然な前髪が解消されます。

髪の毛に負担を掛けたくない場合は、髪になじませながらスタイリングしたり、ピンでとめたりアレンジを工夫すると良いでしょう。

メンズ縮毛矯正の場合はカットで自然に仕上げるのが◎

メンズ縮毛矯正でも前髪や髪の毛全体が真っ直ぐにピンピンになってしまい、カッパのような仕上がりになってしまうケースが…。
女性と違ってヘアアレンジが難しいため、メンズ縮毛矯正の失敗は
縮毛矯正を掛けなおす
自然に仕上がるカットをする
という対処法がほとんどです。
メンズ縮毛矯正の施術に実績のある美容室を見つけて相談してみましょう!

ピンピンにならない縮毛矯正はある?弱酸性縮毛矯正なら自然な仕上がりに!

弱い薬剤を使用することで、前髪がピンピンにならず自然に仕上げることも可能です!
絶対に失敗したくないという人には、髪へのダメージも少ない弱酸性縮毛矯正がおすすめですよ。

最後に:縮毛矯正では前髪がピンピンになりがち…!縮毛矯正が得意な美容師さんを見つけてみよう!

繊細かつ長さも短い前髪は縮毛矯正でピンピンになりやすいです。
丸みを付けて施術するのは高い技術が必要です。そのため、縮毛矯正が得意な信頼できる美容師さんを見つけることも大切です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました