【最新版】縮毛矯正でおすすめの薬剤ランキング5選!種類別の強さや成分表なども記載。

未分類

縮毛矯正を定期的に行う場合、気になるのが使用されている薬剤です。
髪へのダメージが大きな施術のため、できるだけ自分の髪と相性の良い薬剤を使用したいですよね?
今回は縮毛矯正でおすすめの薬剤ランキング5選と共に、種類別の強さや成分表などを紹介します。

縮毛矯正の薬剤の違いは?何種類あるの?

まずは縮毛矯正の薬剤の違いや種類がどのくらいあるのかを紹介します。

縮毛矯正の薬剤の違いは?

縮毛矯正の薬剤の違い

縮毛矯正の薬剤には大きく分けてアルカリ性の強さなどの強弱の違いがあります。
美容室では髪のダメージやくせやうねりの違いによって、薬剤を調合します。

縮毛矯正の薬剤は何種類あるの?

縮毛矯正

薬剤は基本的に3種類程度あります。
一番弱い薬剤、中くらいの強さの薬剤、一番強い薬剤の3つです。

最新の縮毛矯正の薬剤を紹介!

最新の縮毛矯正の薬剤を紹介します。

最新の縮毛矯正の薬剤:弱酸性縮毛矯正

弱酸性縮毛矯正

一般的に縮毛矯正剤はアルカリ性ですが、この薬剤は弱酸性です。

薬剤の特長は?

弱酸性の薬剤にすることにより、髪へのダメージを最小限におさえられるのが特長です。

美容室で使っている縮毛矯正のおすすめ薬剤ランキング5選

実際に美容室で使われている縮毛矯正のおすすめ薬剤ランキングを紹介します。

1位.クリスタライジングストレートα H(ハード)

資生堂のスキンケア技術によって、髪のダメージ補修・保湿をしながら縮毛矯正できます。

2位.ハハリフェN

自然で柔らかなストレートヘアにしてくれる薬剤です。

3位.ミルボン ネオリシオ

扱いやすい自然なストレートヘアに導いてくれる薬剤です。

4位.ストレートチオ 95

強いくせ毛や太い髪でもしっかり縮毛矯正できる薬剤です。

5位.HB スプリュース ストレート H(ハード)

天然由来の成分が使われた髪や頭皮に優しい縮毛矯正の薬剤です。

順位 製品名
第1位 クリスタライジングストレートα H(ハード)
第2位 ハハリフェN
第3位 ミルボン ネオリシオ
第4位 ストレートチオ 95
第5位 HB スプリュース ストレート H(ハード)

縮毛矯正の薬剤の基本成分はこちら

次に縮毛矯正の基本成分について説明します。

縮毛矯正の薬剤の基本成分は?

ストレートヘア

縮毛矯正の薬剤に使用されている基本的な成分が次の2つです。

  • 還元剤(チオ・システアミンなど)
  • 定着剤(過酸化水素・臭素酸Naなど)

縮毛矯正の仕組みと成分の関係とは

ヘアアイロン

縮毛矯正では2つの薬剤が使用されます。
還元剤で髪をストレートにして定着剤で固定するのが基本です。
2つの薬剤の成分の強さや質によって効果が変わってきます。

業務用縮毛矯正剤のメーカー特長をご紹介

ランキングの1~3位のメーカーの特長を紹介します。

資生堂プロフェッショナル

化粧品で有名な資生堂では、美容室やエステサロン向けの商品も販売しています。
化粧品開発により培われた経験をもとに作られた、高品質な縮毛矯正の薬剤が特長です。

モルトベーネ

縮毛矯正の薬剤だけでなく、ヘアカラー剤やスタイリング剤、ヘアオイルなどのヘアアイテムを幅広く販売しているメーカーです。

ミルボン

ヘアケアアイテムが有名なミルボンでは、縮毛矯正の薬剤も販売しています。
髪のスペシャリストとして、ダメージをおさえながらもしっかりくせを伸ばしてくれる縮毛矯正の薬剤を開発しています。

薬剤の違いを知って綺麗なストレートヘアを目指す!

薬剤にはメーカーや種類ごとに違いがあり、縮毛矯正に失敗しないためには自分の髪にあったものを選ばなければいけません。
薬剤ごとの違いを知ることで、綺麗なストレートヘアに近づけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました