【保存版】縮毛矯正を掛ける頻度は2か月ごと?3か月?理想の期間を解説!

未分類

1度縮毛矯正を掛けてキレイなストレートヘアを手に入れたら、ずっとそのストレートをキープしたいですよね。

ストレートヘアを保つためにはどのくらいの頻度で縮毛矯正をすれば良いの?
ハイダメージの施術だけど、頻繁に縮毛矯正してもOK?
など、気になる疑問も…。

そこで今回は、縮毛矯正を掛ける頻度や理想の期間について解説します。

縮毛矯正は期間や頻度は3~6か月ごとが理想!

縮毛矯正をかけてから真っ直ぐの髪が続く期間は、クセの強さや髪の長さによって多少前後しますが、目安は次の通りです。

この周期に合わせて縮毛矯正を定期的に欠けるのが良いと言えます。

【ミディアムヘア】3〜4ヶ月程度
【ロングヘア】6ヶ月程度
髪の毛は1ヶ月で約1センチ程度伸びます。
そのため、ショートヘアの人や顎から鎖骨くらいまでのミディアムヘアの人は髪が短い方の場合は、4ヶ月ほどで全体的なクセやうねりが目立つようになります。
ロングヘアの人は髪の重みで多少落ち着くため、髪が短い方よりも周期は長くなります。
縮毛矯正を掛ける頻度は、クセや長さに合わせて行うと理想のストレートが続きます。

男の人の縮毛矯正はどのくらいの頻度で掛ける?女性に比べて短期間!

メンズの場合、女性よりも髪の毛が短いことが多く、根元部分が1.5〜2センチ程度伸びてくると、全体的なクセやうねりが目立つようになります。

そのため、1ヶ月半〜2ヶ月に1回程度、定期的に縮毛矯正をかけると良いでしょう。

ただし、縮毛矯正は髪の毛へのダメージが大きいため、2回に1回はカットのみにするなど、カットのみとカット+縮毛矯正をうまく組み合わせることをおすすめします!

縮毛矯正を2か月に1回かけるのは多過ぎ?伸びてきた部分だけ掛ける方法もある!

クセが強い人は、縮毛矯正をかけて2か月くらいが経過すると、気になり始める場合も…。

しかし、2月に1回のペースで縮毛矯正をすると、ダメージや縮毛矯正での毛先が縮れてしまう可能性が高くなります。

そのため、理想は3か月以上は空けることです!

縮毛矯正は伸びてきた部分にだけ掛ける「リタッチ」という方法があります。
ストレートをキープしたいけれど、髪の毛へのダメージが気になる…という人は美容師さんに相談してみましょう。

最後に:頻度は3~6か月が目安!縮毛矯正は髪の状態やクセの強さなどでペースを決めるのが◎

ストレートヘアをずっとキープするためには、適切な頻度で定期的に縮毛矯正を掛けることがポイントです。

長さやクセの強さにより頻度は異なりますが、ミディアムヘアの場合3〜4ヶ月に1度、ロングヘアの場合6ヶ月に1度程度のペースで掛けると良いでしょう。

リタッチやダメージの少ない縮毛矯正もあるので、ダメージが気になる時は美容師さんに相談することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました