【保存版】髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違いを徹底解説!

未分類

「最近よく“髪質改善”や”髪質改善トリートメント”というキーワードを聞く気がする…」
「普通のトリートメントや縮毛矯正とは違うの!?」

なんて思っている人は多いのではないでしょうか?
改質改善トリートメントは、今とても流行っている注目のヘアケアのひとつです。

そこで今回は、そもそも髪質改善とは?髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違いは?など、気になる疑問を徹底解説していきます!

「言葉だけは知っていたけど、中身を良く知らない…」という人や、「実はずっと気になっていた!」という人も、是非参考にしてみて下さいね。

髪質改善トリートメントとは

 

 

「髪質改善トリートメント」とは、酸熱トリートメントと言い、酸性の成分を使い髪質をコントロールするものです。

タンパク質でできている髪の結合を薬剤の力でより強くし、ストレートアイロンなどを使い熱を加えて定着させていく施術です。

毛髪内部が強化されることにより、ハリコシが復元し、ツヤ感も出るという仕組みです。

髪質改善トリートメントには、次のようなメリットがありますよ。

髪を根本的に改善し、修復・強化し、髪にハリやコシ、艶が生まれます。
トリートメント効果が1ヵ月半前~2か月程度続きます。
髪を傷めずにナチュラルなストレートヘアが叶います。
このように、髪質改善トリートメントは、熱と酸のチカラで髪をより強く結合し、根本的に髪のダメージを修復、改善できる施術として人気なのです!

画像で比較!髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違い

 

髪質改善トリートメントと、縮毛矯正は同じでしょ?と思っている人も結構いるのですが、それは誤解です!

まずは画像で違いを見てみましょう。

髪質改善トリートメント施術後

  • ダメージが改善されハリコシを感じる髪質になった。
  • パサつきが抑えられ、ツヤのある自然なストレートになった。

縮毛矯正施術後

  • 強いクセやうねりが改善され、真っ直ぐなストレートになった。
  • まとまりと、自然なツヤが出た。

このように、髪質トリートメントは、クセをまっすぐに伸ばす縮毛矯正やストレートパーマとは違うのです。

髪質トリートメントは、髪にタンパク質が補給され、柔らかくなったり毛先がしっかりしたような質感になり、まとまりやすい髪に戻ります。

そのため、雨の日に広がりやすい・パサつくなどの悩みには、絶大な効果がありますよ。

それに対して縮毛矯正は、どんな状態のくせ毛でもストレートにすることができ、施術した部分は半永久的に真っ直ぐな状態が持続します。

そのため、「とにかく強いクセを何とかして伸ばしたい!」という人に向いていると言えます。

髪質改善トリートメントと縮毛矯正は同時にできるのか?

それぞれに特徴やメリットがある髪質改善トリートメントと縮毛矯正ですが、同時施術は可能なのでしょうか?

その答えは、出来ます!
しかし、条件付きで施術をしている美容室が多く、

  • 根本の癖は縮毛矯正
  • 毛先のダメージは髪質改善トリートメント

とう施術が多いです。

毛先まで縮毛矯正をしたい人は、縮毛矯正と髪質改善トリートメントは別日で行う場合が多いので、美容師さんへ相談してみると良いでしょう。

髪質改善と縮毛矯正のどちらの施術をしようか悩んでいた人は、是非この機会にそれぞれの特徴やメリットなどの違いを知り、自分に合った施術を見つけてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました