【保存版】縮毛矯正剤には酸性とアルカリ性がある?酸性の縮毛矯正剤のメリットデメリットをまとめて解説

縮毛矯正

縮毛矯正はストレートヘアにしたい人に人気の美容室メニューですが、薬剤にいくつかの種類があるのは知っていますか?
良く使われる薬剤はアルカリ性なのですが、中には酸性の縮毛矯正剤もあります。
今回は酸性の縮毛矯正剤の性質や施術後におすすめな市販シャンプーなどをまとめて紹介します。

【酸性?アルカリ性?】縮毛矯正の薬剤の種類とその違いとは

縮毛矯正剤の種類と違いについて説明します。

縮毛矯正の薬剤には弱酸性とアルカリ性がある?

縮毛矯正の薬剤にはアルカリ性と弱酸性があります。
よく使用されているのはアルカリ性ですが、最近では弱酸性の縮毛矯正剤を使用する店舗も増えてきています。
弱酸性の縮毛矯正剤を使用した施術は酸性ストレートとも言います。

最近はアルカリ性の縮毛矯正剤も進化しているため、昔よりは髪へのダメージが少なくなってきましたが負担は今でも大きいです。
髪も頭皮も弱酸性なので、酸性ストレートは髪へのダメージをおさえた施術ができます。

酸性ストレートはブリーチとの相性が良い?

アルカリ性の縮毛矯正は髪へのダメージが大きいため、基本的にブリーチ不可です。
しかし、髪へのダメージが少ない酸性ストレートはブリーチした髪にもできるのが特徴の一つです。
それだけではなく、髪をストレートにした後でもパーマをかけられます。
縮毛矯正と併用して他の施術をしたい時に酸性ストレートはおすすめの施術になります。

酸性の縮毛矯正剤は髪のクセが伸びない?デメリットはあるの?

酸性の縮毛矯正剤の特徴とデメリットについて説明します。

酸性ストレートの特徴は?

酸性ストレートの一番の特徴は、アルカリ性の縮毛矯正剤と比べて髪へのダメージが少ないことです。
髪の負担を減らしてストレートヘアにできるため、髪のダメージが気になる人や併用してブリーチをしたい人などにおすすめです。

酸性ストレートにデメリットはあるの?

酸性ストレートのデメリットは次の通りです。

  • アルカリ性の縮毛矯正よりもくせを伸ばす力が弱い
  • アルカリ性のパーマやカラーと相性が悪い
  • 施術時間が長い

アルカリ性の縮毛矯正と比べて、酸性ストレートはくせ毛を伸ばす力が弱いです。
自然なストレートヘアに仕上げやすいのですが、しっかりクセを伸ばしてまっすぐにしたい人には向いていないかもしれません。

2つ目のデメリットですが、薬剤が酸性のためアルカリ性のパーマやカラーとの相性はあまりよくありません。
また、くせを伸ばす力が弱いため施術時間が長いのもデメリットです。

酸性の縮毛矯正におすすめの市販シャンプー4選!

酸性の縮毛矯正後におすすめの市販シャンプー4選を紹介します。

プラージュ プラヤ シャンプー

プラージュ プラヤシャンプーは美容室専売のサロンシャンプーです。
泡立ちが良く、ノンシリコンですがきしまずに指通りの良いブローしやすい髪質に仕上げてくれます。

ALLNA ORGANICシャンプー

引用:ALLNA ORGANIC

上質な美容成分が縮毛矯正で傷んだ髪を優しく洗い上げてくれます。
髪だけでなく地肌のケアもできるため、フケやかゆみを抑えて髪にとって大切な頭皮環境を整えてくれるのも特徴です。
オーガニックシャンプーを探している人はぜひ試してみてください。
髪のきしみが気になる場合は同ブランドのトリートメントも一緒に使うのがおすすめです。

リアル 無添加時代 ヘアシャンプー

アミノ酸系のシャンプーのため、弱酸性の縮毛矯正剤と相性が良いです。
薬剤との相性が良いだけでなく、アミノ酸シャンプーは頭皮や髪にも優しいのが特徴です。
天然植物性の保湿成分が縮毛矯正でパサついた髪を優しく守ってくれます。

縮毛矯正後の頭皮や髪への負担が心配な人におすすめのシャンプーです。
無添加で肌や髪に優しいシャンプーですが、髪がキシキシすることもあるのでトリートメントと一緒に使うのがおすすめです。

グール ラボラトリー シャンプー

引用:GUHL

ラボラトリーシャンプーは五種類あるのですが、茶色いボトルはダメージのある髪に悩んでいる人向けのシャンプーです。
パーマやカラーでダメージを受けた髪におすすめのシャンプーで、ダメージ補修効果があります。
たっぷり配合された植物由来の美容成分が、優しくヘアケアしてくれます。

酸性ストレートをする際は美容室選びも大切!

通常の縮毛矯正はアルカリ性なのですが、中には弱酸性の縮毛矯正もあります。
弱酸性の縮毛矯正をしたい場合、まずは美容室選びが大切です。
酸性ストレートはアルカリ性の縮毛矯正よりも髪へのダメージは少ないのですが、まったくダメージがないわけではありません。
綺麗に仕上げてもらう可能性を高くするためにも、美容室選びは慎重に行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました