【保存版】縮毛矯正と髪を染めるのは同時にできる?期間を空けなければいけない理由とは

縮毛矯正

縮毛矯正と一緒にヘアカラーをしたい人は多いと思いますが、同時にすることはできるのでしょうか。
今回は期間を空けなければいけないのはなぜか、どのくらい期間を空けた方が良いのかなどを詳しく解説します。

縮毛矯正後に髪を染めるときは期間を空けなければいけない?

縮毛矯正後に髪を染めるときに空ける期間について説明ます。

縮毛矯正後に髪を染めるときに間隔を空ける理由とは

縮毛矯正は美容室のメニューの中でも髪への負担が大きく、施術後は髪に負担がかかった状態になっています。
それだけではなく、髪の中には薬剤が残ったままの状態です。
縮毛矯正後すぐに髪を染めようとすると髪に負担がかかるだけでなく、上手く染められない可能性も高いため間隔を空けるのがおすすめです。
空ける期間は1週間から2週間くらいですが、できるだけ美容師さんと相談しながら決めましょう。

縮毛矯正後はヘアケアが大切!

髪に負担がかかり繊細な状態になっている縮毛矯正後の髪は、取扱いに気を付けましょう。
髪を染めるまでの期間はきちんとヘアケアをして、出来る限り髪の状態を良くしておくのがおすすめです。

2つの施術は順番が大切!縮毛矯正とヘアカラー、先にするのはどっち?

縮毛矯正とヘアカラーの順番について説明します。

縮毛矯正とヘアカラーはどちらが先?

縮毛矯正とヘアカラーなら縮毛矯正を先にするのがおすすめです。
これは、ヘアカラーの後に縮毛矯正をすると色落ちして本来の色よりも暗くなる可能性がとても高いからです。
また、縮毛矯正は負担の大きい施術のためハイトーンカラーは難しいことを覚えておきましょう。

ヘアカラーを先にしてしまった場合は縮毛矯正できないの?

ヘアカラーを先にしてしまった場合、縮毛矯正をすると染めた色によってはほとんど色落ちしてしまうことがあります。
これは、縮毛矯正剤がヘアカラーの色素を分解してしまうためです。
ヘアカラーを先にしてしまい、縮毛矯正をその後にしたい場合は薬剤の相性などを踏まえて一度美容師さんに相談してみるのがおすすめです。
髪色が暗いと色素が分解され、染めたのが目立たなくなることもありますが明るい色なら明るさは残ります。

また、縮毛矯正後に髪の状態を見ながら落ちた色味を補正して入れるのも一つの手段です。
ただし、縮毛矯正した髪をもう一度染めるのはダメージが大きいためできるなら縮毛矯正を先にするように心がけましょう。

縮毛矯正とヘアカラーを同時に行う時は髪の痛みに注意!

髪の状態が悪いまま同時に施術を行ってしまうと、ビビリ毛や枝毛、切れ毛が出来てしまう可能性があります。
縮毛矯正とヘアカラーを同時に行う時には髪の痛みに注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました