【保存版】縮毛矯正とインナーカラーは同時にできる?ブリーチなしでもインナーカラーをやる方法とは

縮毛矯正

縮毛矯正とインナーカラーを同時にやりたいと思った時に気になるのが髪へのダメージです。
2つの施術を同時にすることはそもそもできるのでしょうか。
今回は縮毛矯正とインナーカラーを同時にできるのかの説明やブリーチなしでインナーカラーをやる方法などをまとめて解説します。

【知恵袋でも相談多数】縮毛矯正とインナーカラーを同時にするのは難しい?

縮毛矯正+インナーカラーの組み合わせについて詳しく説明します。

そもそも縮毛矯正とインナーカラーは同時にできるの?

基本的にインナーカラーはブリーチを使用して髪を明るくしたところに色を入れることになります。
そのため、縮毛矯正もインナーカラーも髪へのダメージが大きい施術です。
2つの施術はかなり髪に負担がかかるため、かなり髪が傷むことを理解した上での施術は可能です。
技術力の高い美容師さんがダメージのほとんどない髪に極力ダメージをおさえた施術をすれば2つの施術を同時にできます。
ただし、髪への負担を考えて施術を断られることもあるので事前にきちんと美容師さんに話を聞いておきましょう。

髪のダメージによっては2つの施術は難しい?

髪のダメージの状態によっては、美容室で施術自体を断られることもあります。
また、できると言っていた美容室で失敗する可能性もあります。
事前に美容室や美容師の技術力を調べておいてから、施術を受けるのがおすすめです。
髪が傷んでいると失敗する確率が格段にアップするため、施術までにできる限りヘアケアに力を入れるようにしましょう。

縮毛矯正とインナーカラーをする時は順番が大切

縮毛矯正とインナーカラーをする時におすすめの順番について説明します。

縮毛矯正とインナーカラーはどちらが先?

縮毛矯正

縮毛矯正とインナーカラーをする場合、縮毛矯正を先にするのがおすすめです。
通常のヘアカラーの場合も縮毛矯正を先にします。
これは、ヘアカラーをした髪に縮毛矯正をすると色が濁ってしまうためです。
カラーリングの上から縮毛矯正をした髪は色が暗くなるため、基本的に縮毛矯正の後にカラーリングをします。
同様にインナーカラーの後に縮毛矯正をすると色が暗くなるためおすすめできません。

また、インナーカラーを先にした場合、髪にインナーカラー分のダメージを受けた部分とその他の部分に分かれます。
ダメージに大きな差がある髪に縮毛矯正をするのは調整が難しく、失敗する確率があがります。
そのため、基本的に縮毛矯正後にインナーカラーをする方が失敗しにくいです。

インナーカラーを先にやっていた場合、縮毛矯正はできない?

インナーカラーを先にしていた場合、縮毛矯正をするのは難しくなりますができないわけではありません。
そもそも2つの施術自体を同時にするのは難しいのですが、インナーカラーを先にしてしまった場合は色が暗くなることを覚えておきましょう。
髪の状態を見ながら薬剤を選ぶ必要があるため、より技術力の高い美容室を選ぶことも大切になります。
まずは事前に美容院へインナーカラー後の縮毛矯正は可能か、確認しておきましょう。

黒髪からブリーチなしで縮毛矯正とインナーカラーは出来る?

黒髪からブリーチなしで縮毛矯正とインナーカラーは出来るのか詳しく説明します。

黒髪からブリーチなしのインナーカラーはできる?


ブリーチなしでもインナーカラーを楽しむことはできます。
ただし、ブリーチをした時のような明るくビビットな色にはできません。
しかし、ダメージをおさえつつ、さりげないおしゃれな髪型を楽しめるのでブリーチなしのインナーカラーもおすすめです。

ブリーチなしの場合、ブリーチありよりも色落ちしにくいのもメリットです。
色が長持ちするため、メンテナンスの手間があまりかかりません。
また、色合いも学校や会社で目立たないので、日常生活が忙しい学生や社会人でも試しやすいのもメリットになります。

髪が傷んでいる場合はブリーチなしのインナーカラーがおすすめ!


縮毛矯正は髪へのダメージが大きいため、ブリーチなしでインナーカラーにチャレンジする方が髪への負担が少なくなります。
2つの施術を同時にしても失敗する確率が低いため、ブリーチありのインナーカラーが心配な人はブリーチなしでチャレンジしてみてください。
髪はブリーチありよりも傷みませんが、発色の強い色が出来ないことは覚えておきましょう。
インナーカラーを目立たせたい人にはブリーチなしは不向きですが、縮毛矯正と同時にやるならブリーチなしの方が髪が傷まないのでおすすめです。

最後に:縮毛矯正とインナーカラーをしたい時は美容室選びも大切!

縮毛矯正とインナーカラーを両方ともしたい場合、大切になるのは美容室選びです。
美容室によっては髪のダメージを見極められず、ビビリ毛や切れ毛になったりして失敗する可能性もあります。
失敗しないためには、技術力が高くて経験も豊富な美容室がおすすめです。
事前に美容室について調べ、きちんと一人一人にあった施術を行ってくれる店舗を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました