【保存版】縮毛矯正で傷んだ髪におすすめな市販ヘアオイル5選!ヘアオイルを使うコツや口コミもまとめて紹介

縮毛矯正

縮毛矯正はストレートヘアにできる人気の施術ですが、気になるのが髪のダメージです。
美容室のメニューの中でも縮毛矯正はヘアカラーや他のパーマと比べても、特にダメージの大きなメニューになります。
今回は縮毛矯正で傷んだ髪におすすめな市販ヘアオイルと一緒に、ヘアオイルを使うコツや商品の口コミなどをまとめて紹介します。

縮毛矯正で傷んだ髪にヘアオイルってつけていいの?効果やオイルケアのコツは?

縮毛矯正で傷んだ髪をヘアオイルでケアするコツや注意ポイントなどを詳しく紹介します。

縮毛矯正を長持ちさせるオイルケアのコツは?

縮毛矯正で傷んだ髪をしっかりオイルケアするためのコツは次の通りです。

  • 洗髪後、乾かす前にヘアオイルを髪に付ける
  • ヘアオイルを付ける前にクシで髪を梳かす
  • 毛先を中心にヘアオイルを付ける
  • 外出前に少量を伸ばしながらヘアオイルを付ける
  • 付けすぎはNG

髪を洗った後にヘアオイルを付けると、ドライヤーのダメージから守ってくれるのでおすすめです。ただし、ヘアオイルを付ける前にクシで梳かして髪に馴染みやすくするのを忘れないようにしましょう。
オイルを付けるときは髪の根元まで付けず、毛先を重点的にケアすることを心がけることが大切です。

外出前にもヘアオイルを付けると紫外線ダメージから守ってくれる効果もあるのでおすすめです。きちんと髪に馴染ませることは大切ですが、付けすぎると髪がベタベタになるので気を付けましょう。

ヘアオイルとミルクだと縮毛矯正後の髪の毛にはどちらが良いの?

ヘアオイルの特長は髪の保湿に優れている点です。
髪が乾燥しがちな縮毛矯正後の髪をしっかり保湿し、ドライヤーなどの熱ダメージから保護する効果が高いです。
ヘアミルクは髪に浸透しやすく、補修効果が高いのが特徴になります。髪を乾燥から守りたい時はヘアオイル、髪を補修したい時はヘアミルクがおすすめです。

どちらかというと乾燥しやすく、毛先が傷みやすくなっている縮毛矯正後の髪にはヘアオイルの方が使いやすいです。ヘアオイルを選ぶ際には補修効果のある商品を選ぶと、ヘアミルクを使わなくてもしっかり髪を補修できます。

ヘアオイルを付けた髪にドライヤーをする際は注意!

ドライヤー

ヘアオイルの中にはドライヤーの熱で髪が痛むものもあるため、熱ダメージから守ってくれる効果のあるものを選ぶのがおすすめです。
熱ダメージを防ぐ効果があまりないヘアオイルだと、高温で長時間髪を乾かすと髪が傷む可能性があるので注意しましょう。

【シャンプーはだめ?】縮毛矯正をした当日からヘアオイルはつけていい?

ヘアオイルは縮毛矯正をかけた当日から使えるのかを説明します。

ヘアオイルは縮毛矯正をかけた日から使ってもいい?前日や翌日は?

ヘアオイルは縮毛矯正をかけた日からでも使えます。
ただし、縮毛矯正直後はシャンプーをすると髪が傷む可能性があるため髪を洗うのは翌日まで待った方がいいです。
縮毛矯正をした日にヘアオイルを使用するとシャンプーが出来ないため、髪がべたつくのが気になるかもしれません。
そのため、ヘアオイルを使うのは翌日からにするのがおすすめです。

次の日からヘアオイルを使えるように美容室で買うのもおすすめ!

翌日からヘアオイルを使えるように、美容室で購入しておくのもおすすめです。
美容室ではサロン限定のヘアオイルが購入出来るだけでなく、その場で髪のプロのアドバイスを聞けます。

縮毛矯正とオイルストレートの違いは?

縮毛矯正とオイルストレートの違いについて説明します。

オイルストレートとは?

オイルストレートは耐熱性や潤い効果のあるオイル成分が含まれた薬剤を使用し、髪に浸透させながらくせ毛を矯正する施術のことです。
パキっとしたストレートヘアになりにくく、潤いのあるまとまりやすくまっすぐな髪にしやすいのが特徴です。

縮毛矯正との違いは?

オイルストレートも縮毛矯正の一種なのですが、一般的な縮毛矯正よりも乾燥しにくいのが特徴です。耐熱効果、潤い効果が高いため、ダメージをおさえつつまっすぐな髪にできます。

【口コミも紹介】縮毛矯正をかけた髪におすすめな市販ヘアオイル5選!

縮毛矯正で傷んだ髪におすすめな市販のヘアオイル5選を口コミと一緒に紹介します。

バランローズ ヘアエッセンスオイル 50ml

引用:VALANROSE

へオイルで髪質改善を目指せるほど補修力と保湿力に優れた商品です。
縮毛矯正で傷んだ髪をホホバオイルや阿保が度オイルなどの天然植物オイルで補修・保護し、シア脂や馬油などの天然由来オイルで髪をコーティングしてくれます。
Amazonでの評価も星4と高く、髪がサラサラになると好評です。
口コミを読んでみるとくせ毛の人からも高評価で、リピート購入している人もいました。

(参考:Amazon

LUCIDO-Lオイルトリートメント

引用:LUCIDO-L

配合されたアルガンオイルは美容成分を豊富に含んだオイルで、高い保湿力を持っています。
UVカットやヒートプロテクト効果もあるため紫外線やドライヤーの熱ダメージからも守ってくれます。
Amazonの評価は4.4と高評価です。(2021年9月現在)
口コミを見てみると、べたつかずにサラッとした使い心地でサラサラに仕上がると高評価でした。

(参考:Amazon

モロッカンオイル トリートメント

引用:MOROCCANOIL

アルガンオイルやオメガ3オイルの保湿効果、プロテインの補修効果、ビタミン類の美容成分などによってダメージのない艶のある綺麗な髪へ導いてくれます。
モロッカンオイルは世界中で人気のブランドのため、Amazonのグローバル評価は18,465件もあります。(2021年9月現在)
口コミを読んでみると、べたつかずに髪がツヤツヤになると好印象でした。
ただし、Amazonでの低評価を読んでみると偽物じゃないかという書き込みがいくつかありました。
購入する際には注意してください。

(参考:Amazon

ナプラ N. ポリッシュオイル

引用:ナプラ

人気ブランド「ナプラN.」のヘアオイルです。
天然由来のシアバターから作られたオイルは、髪だけでなく肌にも使えるほど優しい成分で出来ています。
アウトバストリートメントやスタイリングにも使える万能なヘアオイルです。
Amazonの口コミを読んでみると、コスパが良く髪がサラサラになるという意見をよく見かけましたが付けすぎに注意ともありました。

(参考:Amazon

&ハニー ディープモイスト ヘアオイル3.0

&ハニーのヘアオイルの中でも、ディープモイストは集中保水ケアに特化した商品です。
とてもしっとりした仕上がりで、縮毛矯正で傷んだ髪に潤いを与えてしっかり保湿してくれます。
Amazonの口コミを読んでみると、髪がサラサラになるや髪がしっとりするという意見が目に留まりました。

(参考:Amazon

縮毛矯正後は丁寧なヘアケアが大切!ヘアオイルやトリートメントなどを利用してホームケアしましょう!

縮毛矯正は髪にとてもダメージがかかる施術のため、ホームケアがとても大切になります。
ヘアオイルは髪をしっとりとまとまりやすくしてくれるだけでなく、しっかり保湿ケアできるのがメリットです。
また、トリートメントとして利用したり、外出前のヘアセットで利用したりと便利なアイテムでもあります。
今回紹介したことを参考に、縮毛矯正後は丁寧なヘアケアを心がけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました